マイホームも視野に入れつつ、守りの投資をしてみたい | 資産運用をもっと身近に 20代30代から始める株式・不動産・生命保険

ご相談事例

マイホームも視野に入れつつ、守りの投資をしてみたい

西隆司・悠子さん(仮名)の場合

性別 男性 年齢 夫32歳 妻30歳 家族状況 夫婦
職業 メーカー営業(9年) 年収 700万円(世帯年収) 貯金額 400万円

プランニングを行う前の状況

都内で暮らす共働き夫婦。子どもはなし。
世帯年収は700万円で、貯蓄は400万円。
夫婦ともに医療保険に加入し、それぞれ月3000円の保険料を支払っている。

プランニングを行った後の状況

貯蓄340万円(不動産投資の諸費用を支払った残額)
1800万円のワンルームマンションを1件所有
不動産投資で毎月1万円の収入増。年間で12万円の貯蓄増

プランニングを行う前のおもな悩み・受けようと思った動機

マイホームを買うために、地道に貯蓄をしてきた西夫妻。ただ、ここへきて夫の隆司さんは、本当に家を買ったほうがいいのか疑問に思えてきたといいます。
というのも、2人とも実家は地方にあり、定年退職後も東京でずっと暮らす必然性はないからです。隆司さんは「田舎暮らしもいいかな」と思っているそうですが、妻の悠子さんはマイホームを希望しています。都会が好きだからというよりは、賃貸の家賃をずっと支払い続けるのがイヤだという理由です。

今後は子どもを2人ほど持ちたいと考えており、その子どもの教育費を蓄えることも考えると、マイホームのローンを返しながら貯蓄するのが不安だともいいます。子どもが生まれれば、妻が仕事を辞めざるを得ない可能性もあるからです。その場合、収入は400万円程度まで減ってしまいます。

もちろん、その先の老後も非常に心配なので、運用の必要性を感じているということでした。ただ、夫の隆司さんはリスクをとってでも挑戦したいタイプであるのに対し、妻の悠子は保守的なので、ある程度「守りの投資」を希望していました。

アドバイス内容

西さん夫妻は結婚1年目でしたが、このように新婚間もないカップルで、資産運用の相談に来られる方も、かなり多くいます。ある程度価値観が近い者同士で結婚するにしても、お金に関する考え方は大いに異なるケースは珍しくありません。

そのため、結婚を機にプランニングを受け、家計のかじ取りをどうやっていくか考えるというのは、非常によいことだと思います。
西さんの場合、夫はリスク許容度が高いものの、妻は保守的な考え方の持ち主。どちらも納得する方法をとるとしたら、不動産投資はベストな選択肢です。一見リスクが高そうに思えるものの、サブリースを活用すれば家賃は保証され、貯蓄を大幅に取り崩すこともなく資産を手に入れられるからです。

しかし、悠子さんはマイホームの購入を希望しているので、あまり大き借金を背負ってしまうと、マイホームのローンを組みづらくなってしまいます。

そこで、2000万以下のワンルームマンション投資をすることをおすすめしました。この程度のローンであれば、借入限度額に余力を残すことができるので、マイホームを購入するときにもそこまで苦労せずに済むでしょう。
繰り返しになりますが、不動産には保険としての機能もあります。現状、西さん夫婦は医療保険以外の保険に加入していませんが、不動産を買えば団信に加入することになるので、死亡保障の保険は必要なくなります。

その代わりというわけではないですが、CASE③でもご紹介した変額終身保険に加入する手もあります。変額終身保険は、運用の利益分を引き出すこともできるので、守りながら投資したいという西さん夫妻のスタンスに寄り添った商品をいえます。

もし、すぐにマイホームを買わずに、じっくりと検討するのであれば、ランドバイキングもいいでしょう。
結局、西さん夫婦は話し合いの末にワンルームマンション(築浅)を東京の八重洲に購入し、現在変額終身保険とランドバイキングの検討に入っています。