ヘッジファンド 資産運用

ヘッジファンドの年収とは? 役職別の年収について解説します!

投稿日:

ヘッジファンドは富裕層に向けた金融商品ですが、それを運用するファンドマネージャーの年収は1億円を超えることもあります。

ファンドマネージャーはヘッジファンドにおける最高責任者の立場にありますが、他の役職の年収も高い傾向にあります。

多くの富裕層に支持されるヘッジファンドですが一般的に運用成績は公開されていません

しかし、役員の年収が高いことを考えると大きな成果を上げていることが予想されます

この記事ではヘッジファンドの年収と就職する方法についても解説していきます。

ヘッジファンドとは?

ヘッジファンド

ヘッジファンドとは投資家が資金を出資し、ファンドマネージャーと呼ばれる投資のプロが運用してその利益を投資家に分配する投資方法です。

投資信託と仕組みは似ていますが、投資信託は証券会社など公に投資家を募る公募型ファンドであるのに対して、ヘッジファンドは一部の富裕層のみを募集する私募型ファンドであることです。

そのため、直接運用会社に連絡をしなければ投資できないことが多く、中には紹介がなければ投資できないヘッジファンドもあります

ヘッジファンドの運用成績は基本的には一般に公開されていないので、実態が謎に包まれた商品も多いです。

しかし、高い利回りを誇っていることから富裕層からは多くの支持を集めています

ヘッジファンドが本当に優秀な商品なのかを判断するうえで、そこで働いている人がどれくらいの年収を得ているのかは参考になることでしょう

ヘッジファンドについて詳しく知りたい方はこちらの記事をチェックしてください。

ヘッジファンドとは?初めての方に3つのメリットをわかりやすく解説

ヘッジファンドの年収は役職によって異なる

ヘッジファンドの年収は役職や運用しているヘッジファンドの規模によっても異なりますが、役職ごとに解説していきます。

ポイント

  • ファンドマネージャー
  • アナリスト
  • バックオフィス

それぞれ詳しく解説していきます。

ファンドマネージャー:年収1億円以上

ファンドマネージャーはヘッジファンドにおいて最も責任のあるポジションです。

他の役職と比較しても高い年収であり、大規模なヘッジファンドであれば年収が1億円を超えることもあります。

ファンドマネージャーは高い年収から自らも富裕層の1人であるため、運用するヘッジファンドに自身の資産を組み込んでいることが多いので、ヘッジファンドの運用益も年収に数えればさらに収入が大きくなることでしょう

本当に利益を出せるヘッジファンドであれば、自身で投資をしない理由はないので、運用チームが自身の資産を出資しているかどうかもヘッジファンドを選ぶ上でのポイントになります。

ただし、ヘッジファンドの運用成績が悪化すると年収が下落したり、改善が見られない場合はファンドマネージャーを降ろされることも

年収は高いですが責任のある立場であるため、安定するかどうかはファンドマネージャーの実力に依存します

アナリスト:年収数千万円程度

アナリストはヘッジファンドの運用チームにおいてファンドマネージャーを補佐する役割です。

ファンドマネージャーと比較すると責任は大きくないので、その分年収も少なくなります

具体的な年収はヘッジファンドの運用規模にもよりますが、5,000万円を超えることもあるようです。

成績のいいヘッジファンドはアナリストの報酬も高い傾向にあると考えられます

バックオフィス:年収数千万円程度

ヘッジファンドには、実際に運用を担当する人以外にも経理・人事・総務などを担当する職員もいます。

運用には関わらないので、ヘッジファンドの運用における責任はありません。

給与はヘッジファンドの成績に依存し、バックオフィスにお金をかけない会社もあるので、アナリスト以上に年収が大きく変動することが予想されます

しかし、バックオフィスもヘッジファンドにおいて必要な役職であるため、好調なヘッジファンドであれば数千万円程度の給与を支払っている可能性が高いです。

ヘッジファンドに就職するには

ヘッジファンドの年収は非常に高いですが、就職したいと考えるならどうすれば就職できるのかを解説していきます。

ポイント

  • 学歴があっても新卒で就職できるとは限らない
  • 国内系の運用会社から転職
  • 外資企業のトレーダーになる

学歴があっても新卒で就職できるとは限らない

そもそもヘッジファンドが新卒の募集をすること自体が非常に珍しいです。

少数精鋭になることが多く募集が少ないので、学歴があっても必ず新卒で就職できるわけではありません

新卒でヘッジファンドへの就職は募集があるかどうかも含めて難易度が高いので、別の方法を検討したほうがよいでしょう。

国内系の運用会社から転職

銀行・証券などの国内の運用会社に就職をしてから、ヘッジファンドに転職するのが無難です。

ヘッジファンドは少数精鋭であるため、国内系運用会社で実績を積み、実力をつけたほうが就職できる確率が高くなります。

新卒でヘッジファンドに就職したいと考えるなら、最初から国内系運用会社に就職するのがよいでしょう

外資企業のトレーダーになる

最後に外資企業のトレーダーから、ヘッジファンドの会社に転職する方法があります。

新卒での就職難易度は高いですが、ヘッジファンドに転職しなくても高い年収が期待できる職業です。

そのため、必ずしも転職する必要はないかもしれませんが、ヘッジファンドに就職するための1つの方法になります

初心者向け資産運用セミナー(参加費無料)

収入・将来の夢、社会の動き、そして幅広い金融商品(投資信託、生命保険、損害保険、不動産、海外投資、アンティーク資産、ヘッジファンド等)のメリットやリスクから、節税、社会保障制度、就業規則にいたるまで、自己の資産形成に必要な幅広い事柄から、あなただけの「賢い資産運用法」を導き出す参加費無料の初心者向け資産運用セミナーを開催しております。

画面下部の「セミナー情報」ボタンから、セミナー一覧が見れます。

まとめ

ヘッジファンドに勤める人の年収について解説しましたが、この記事のポイントは下記の通りです。

ポイント

  • ヘッジファンドは富裕層向けの商品で運用成績は一般的に公開されない
  • 年収は役職やファンドの成績によっても異なる
  • 他の会社で実績を積んでから転職するのが基本

ヘッジファンドは情報が少ないので、興味があるなら様々な情報を考えて検討する必要があります。

関係者と直接話す機会があれば、失礼のないように年収や、自身の資産をヘッジファンドに投じているかどうかを聞いてみるのもいいでしょう。

 

-ヘッジファンド, 資産運用
-, ,

Copyright© 資産運用完全ガイド , 2021 All Rights Reserved.