基礎知識 資産運用

初めて投資を行う場合の投資商品4選と3つのポイントを解説!

投稿日:

投資初めて

投資が初めてだから、投資のリスクが怖いと思っていませんか?

初心者さんは、高額投資は避けて、少額から始めていくのがおすすめです。

投資が初めてでも、お金を増やす勉強は必要です。

ここでは、投資が初めての方へ注意点とポイントをお伝えします。次に、少額から投資できる金融商品もご紹介します。

大きなお金を持って投資することが上手くのでは!というイメージを持つ方もいるでしょう。

実際、一万円以下で投資を行っている方も多いです。初心者さんは、ぜひ正しい知識で少額投資をすることをおすすめします。

初めて投資を行う場合のポイント

投資 初めて ポイント

はじめて投資をする方へ、必要な知識をお伝えします。投資を行う前に知ってほしい3つのポイントがあります。

あなたの資産を増やすために

  1. 投資は余裕資産で行う
  2. 少額で投資を行う
  3. 投資の勉強は必要

投資は余裕資産で行う

生活に必要なお金は使わず、「投資は余剰資金」で行いましょう!生活費を投資に使うことは絶対しないでください。

投資は将来の生活を豊かにするためです。はじめからお金を分けて考えましょう。

◆「余裕資産で行う」と、下記のような状況を避けることができます!

→生活が貧しくなる...

→お金が増える前になくなく投資中断!

生活するお金と「投資するための余剰資金」を意識して投資を始めましょう。

投資に使うお金は、「生活に影響を与えない資金」でスタートするのが失敗しないポイントです。無理しない楽に投資生活をエンジョイしましょう。

少額で投資を行う

「投資は少額から」行いましよう!もしも余剰資金で大きい額が使える場合でも、少ない金額がら投資をはじめます。

◆「少額投資を行う」と、下記のような状況を避けることができます!

→危険なリスク!

→後悔する気持ち...

投資は初めての方が、いきなり大きな資産を使って運用することは失敗したときのリスクが高いからです。

「少しずつ分割して投資」していきましょう!一度に大きな金額を投資していくよりも少額から始めることがおすすめです。

資産運用は「少額から始める」ことがポイントです。少額で行いながら投資の経験値を上げていきましょう。

少額投資の詳しくはこちらの記事が参考になります。

資産運用はいくらから始められる?3つの資産運用を例に徹底解説!

投資の勉強は必要

余剰資金で始めること、少額から始めることを上記でお伝えしました。それから、投資の勉強は必要です!

◆「投資の勉強」をすることにより、このような状況を避けることができます!

→無駄な投資!

→損する投資!

主に金融商品やタイミングだったり、投資の知識がないそのため、損する結果になること少なくありません。

投資の学びを怠ったために、資産運用が上手くいかない失敗が現実になることもあるでしょう。

そうならないためにも、少しずつ勉強をしていく投資の知識を身につけていくことが、あなたの人生を豊かにします。

資産運用を経験しながら、投資の勉強もしていくことが、より良き人生の成功に近ずくポイントです。

投資が初めて!少額から始める投資商品4選

投資 初めて

投資が初めての方へ!少額から始める投資商品をご紹介します。

あなたの資産を増やすために

  1. 株式投資
  2. 投資信託
  3. 個人向け国債
  4. NISA

投資が初めての方も「始めやすい少額投資!」少ない金額からスタートするこにより、失敗の危険性を低めることができます。

それに、感情的な力みもなく気軽に始めることができます。

株式投資

「少額で行う株式投資」をご紹介します。

株式投資の仕組みは非常に簡単です。株を購入したときの株価よりも上がったとき、売却すれば利益がでます。

株式投資は、通常で売買単位(単元)は100株です。

例えば株価1000円の株を買う場合は、「1000円×100株=100000円」最低でも10万円を用意することになります。

しかし、「単元未満(100株未満)で株を買う」ならば、数百円の元手で投資ができます。

株式を購入するためには1単元(100株)を売買単位として取引する「単元株取引」があります。

株式を1単元未満で取引をする事によって「 少額で取引」ができます。

そして、1単元未満の株式投資は、「ミニ株」と「単元未満株」があります。

単元未満株とは、お目当ての投資銘柄が1万円程度で買えたり、少額なので分散投資がしやすいます。

ミニ株とは、通常の株式投資では配当がもらえますが、ミニ株でも保有株数に応じて配当がもらえるます。

単元株 ミニ株 単元未満株
購入する際に単価が決まっている株式 単元の10分の1で少額購入 自由な単位で少額購入

また、株式を少額で取引する方法には、毎月一定の「金額を積み立て」て株式を購入する「株式累積投資(るいとう)」があります。

これは、毎月一定の金額を積み立てて、株式を購入する投資方法です。月々1万円から始める事ができます。

 

毎月一定金額で積立投資ができるので、ドルコスト平均法の恩恵が受けられます。

ドルコスト平均法とは、毎月「一定金額を購入」する事により、高値で全て買ってしまう事を防いで、なおかつ「買い付け価格が平均化」される事を期待した投資方法の事を言います。

単元株で買う場合は少額で買う事が難しい株式です。上記でお伝えしました単元未満株やミニ株、るいとうを駆使すれば「少額で投資」をする事も可能となります。

少額の株式投資の詳細はこちらからご覧になれます。

株式の単元(売買単位)とは? 単元変更についても詳しく解説!

投資信託

「少額で行う投資信託」のご紹介をします。

多くの投資信託は、1万円程度から始められます。なかには100円から始められるところもあります。

投資信託は、大きな額を用意する必要はありません。少額で気軽に始めることができます。

投資信託とは、投資のプロ(ファンドマネジャー)が金融商品を運用し、その運用成果を投資家に分配する事です。

投資が初めての方ならば、一番始めやすいのは投資信託でしょう。

少額で行えて、なおかつ投資のプロ(ファンドマネジャー)に任せられのが理由です。

また、投資信託は様々な金融商品に分散して投資できる金融商品です。「株式投資」、「不動産投資」、「債券」などがあります。

少額で投資できる 運用はプロが代行 手軽に分散投資

投資信託
少額で投資できる 運用はプロが代行 手軽に分散投資

基本的な投資信託の仕組みはこちらからご覧になれます。

投資信託(投信)とは?基本的な仕組みを紹介!

 

債券(個人向け国債)

「少額で行える債券(個人向け国債)」をご紹介します。

債券とは、資金を必要とする国や地方公共団体、会社などが資金を調達するときに発行されます。それが、借用書です。

資金を調達した側が貸し手である投資家に対して発行するのが債券です。

債券は、少額から始められるものもあり、個人向け国債は1万円から、海外の債券も数万円から買えるものもあります。

個人向け国債は、債券を少額で購入出来るだけでなく、債券の中でも信用性が一番高い事が挙げられます。

また、個人の投資家を対象にした国債で、個人の方がより購入しやすいよう工夫がされています。

固定金利タイプ(固定3年・固定5年)と変動金利タイプ(変動10年)の3種類があります。それぞれ毎月発行されています。

金利タイプ
3年 5年 10年
固定金利 固定金利 変動金利半(年ごとに利率が変わる)

おすすめの債券投資の詳細はこちらからご覧になれます。

債券投資とは?利回りやリスクの関係とおすすめの債券投資について

NISA

「少額投資にはNISA」がおすすめです。

「NISA」とは、少額非課税投資制度です。投資で得られた利益が非課税になります。日本に住む20歳以上の方が対象です。

ただし、NISAの年間の投資上限金額は120万円です。120万円までの投資であれば非課税になります。

しかし、それ以上ですとは課税されてしまいす。非課税の期間は5年です。

また、少額投資であればNISAの年間の上限額を超えにくい利点があります。

少ない額で行うことで全ての利益を非課税にする事ができます。

NISAには次に、「つみたてNISA」と言う金融庁によって定められた投資信託のみを購入できる口座があります。

つみたてNISAの年間の投資上限金額は40万円です。非課税期間が最大で20年になります。

NISA つみたてNISA
上限120万円 上限40万円
非課税期間5年 非課税期間20年

従来のNISAとつみたてNISAの違い詳細はこちらからご覧になれます。

従来NISAと比較した、つみたてNISA(積立NISA)とは?いつから始まるのか?

投資が初めてだから!リスクを減らすやり方

投資 初めて

初心者さんへ「投資のリスクを減らす」方法をお伝えします。

あなたの資産を増やすために

  1. 投資リスクを減らす分散
  2. 投資リスクを減らす長期

投資のリスクを減らやり方について、2つご紹介します。その方法は分散と長期です!さっそく見ていきましょう。

投資のリスクを減らす分散

「分散でリスクを減らす」方法をお伝えします。

分散投資は、対象先を分けることで、資産運用に伴う価格変動リスクを低めてリターンをめざす有効なやり方です。

すべての資金をひとつの金融商品に集中させると、運用が上手くいかなかった場合は、マイナス影響が資産全体に及びます。

しかし、複数の資産に分散させれば、リスクを分散しながら、安定的な収益を期待できるのです。

 

主な「分散」4つ
商品 通貨 地域 時間

投資のリスクを減らす長期

「長期でリスクを減らす」方法をお伝えし ます。 

長期投資の運用期間において、相場が大きく変動し、資産が一時的に大きく減少することも考えられます。

しかし、価格変動の大きな金融商品でも、長期間保有することで1年あたりのリターンのバラつきが抑えられます。

短期的な値の変動に一喜一憂することなく!じっくり長期的な視線で判断することがリスクを減すことに繋がります。

リスクを正しく理解しておくことで、資産運用はそれほど難しいものではありません。初心者さんも正しく学ぶことで投資の理解を深めていきましょう。

投資のメリットとデメリットを知る!

あなたの資産を増やすために

  1. 投資のメリット
  2. 投資のデメリット

投資のメリット3つ!

「投資メリット3つ」をご紹介します。

初心者でも資産形成ができる!メリット1

初心者の方、仕事や学業が忙しくて時間がない方でも資産運用ができます。

忙しい生活の合間にも投資に関ることができます。あなたの資産を増やす計画が立てられます。

お金のことが理解できる!メリット2

投資をすることで、お金のことを深く意識できます。

そのため、お金と関係がある経済や社会の仕組みを深く学べる良さがあります。あなたが生きる社会の姿を正確にとらえることができます。

人生の豊かさを味わう!メリット3

将来に必要な資金や老後の生活に豊かさをプラスすることができます。

労働で稼ぐだけではなく、資産運用でお金を働かせることで、貯蓄が増えれば人生が豊かになっていきます。

投資のデメリット2つ!

「投資デメリット2つ」をご紹介します。

投資はリスクを伴う!デメリット1

少額で参入すればローリスクです。それゆえ、リターンも低いです。

大きい額をつぎ込む投資はハイリターンが期待できます。しかし、その分ハイリスクになる状態になります。

投資の学びが必要!デメリット2

投資という特別な知識が必要になります。

初心者が投資の触りだけを知っていても、すぐに資産が積み上がるものではありません。

長期的に投資を学ぶ時間や行動するための時間をかける覚悟が必要です。

投資メリット 投資デメリット
多忙な初心者でも資産形成ができる・社会の仕組みを学べる・資産運用で豊かな未来を築ける 少額投資はリターンが低い・投資を学ばなければいけない

初心者向け資産運用セミナー(参加費無料)

収入・将来の夢、社会の動き、そして幅広い金融商品(投資信託、生命保険、損害保険、不動 産、海外投資、アンティーク資産、ヘッジファンド等)のメリットやリスクから、節税、社 会保障制度、就業規則にいたるまで、自己の資産形成に必要な幅広い事柄から、あなただけの 「賢い資産運用法」を導き出す参加費無料の初心者向け資産運用セミナーを開催しております。

画面下部の「セミナー情報」ボタンから、セミナー一覧が見れます。

まとめ

ここまで、いかがでしたでしょうか?

投資が初めてでも、「少額という投資方法」でスタートすることをお伝えしました。

投資に興味があるけれど「リスクが怖い」から踏み出せず、投資を始められず足踏みしている方もいます。投資が初めてだからこそ、「正しく学んで豊かな人生」を歩んでほしいと思います。

少ない額であれば始めやすいですよね。初心者さんもスタートしやすいので少額投資はオススメなやり方です。

ぜひ、少ない額から投資を行い経験していきましょう。

-基礎知識, 資産運用
-, , ,

Copyright© 資産運用完全ガイド , 2021 All Rights Reserved.