基礎知識 資産運用

投資は10万円からはじめよう!初心者さんへ投資の元手から選び方

更新日:

投資は10万円から

投資するなら10万円の元手から始めようと考えている初心者さんへ。

おすすめの3つの投資商品、「投資信託」「株式投資」「海外積立投資」をご紹介します。

真剣に投資を考えているが、いざ始めようとすると、気持ちがゆらゆら揺れている心境に 「投資で失敗するのではないか不安だ」 「やっぱり貯金のほうが後悔しないかも」など。

このように、投資なのか貯金なのか考えがいったりきたり迷う初心者さんもいるのではないでしょうか?

ズバリ、貯金がダメな理由もお伝えします。

はじめての投資について、10万円の元手から選び方のポイントまでを「投資商品」の情報を交えながら解説します。

また、失敗しらずな志し3つの対策までご紹介します。

投資10万円!まず元手を考える

投資10万円!まず、元手を考えましょう。

これから10万円を用意するならば、このように考えていただければと思います。

あなたが無理だと思わない金額を決めます。5,000円でも10,000円でも構いません。

毎月、少しずつ準備していきましょう。

ここが重要です!必ず余剰資金で始めます。

生活費以外の、お金10万円を元手とします。

10万円の元手、あとで後悔しないように投資のリスクも考えましょう。これだと思う「投資商品」のメリットとデメリットについて詳しくなることも大切です。

繰り返しになりますが、生活費には手をつけず必ず余剰資金で投資を行いましょう。

そのうえで、投資10万円から元手を増やすことを考えましょう。

ズバリ!貯金がダメな理由

投資か貯金か迷う初心者さんへ貯金のリスクを解説します。

”コツコツ貯金”がいいのでは!と感じている方もいるのではないでしょうか。

それに、誰でもお金がだんだん目減りする状態はとても不快です。

なぜならば、この世の中は非常に低金利だからです。

貯金をしてお金を増やすどころか、その価値は低下していく一方です。

本当に、預貯金だけをして資産を増やすことが難しくなっているのが現実です。

このリスクをどう思いますか?

可能性を考えて、積極的に資産を増やす努力をすることも、あなたの生活を豊かにすることに役立ちます。

その選択肢に投資があります。

投資について..... 「難しい!」「損をする!」 などの危険というイメージを持っていませんか?

実際、投資はもっと身近なものなのです。

専門家があなたに代わって運用してくれるものだったり、少ない金額でも始められるものだったり、毎月積立ていく投資など様々な「投資商品」があります。

それに、リスクが低く安全性が高い「投資商品」もあります。

ここは、じっくり自分のライフスタイルに合わせて「投資商品」を選んでいきましょう。

初心者さんが選ぶおすすめの投資とは

「投資信託」「株式投資」「海外積立投資」おすすめ投資する商品を3つをご紹介します。

初心者さんへおすすめの資産方法3つ

  • 投資信託
  • 株式投資
  • 海外積立投資

投資信託

「投資信託」とは、金融商品を購入し専門知識があるプロが複数の分散投資から運用までを、あなたの代わりに行ってくれる金融商品です。

少ない投資資金や元手から資産運用をはじめたいのでしたら、積立型の「投資信託」の利用が一番でしょう。

投資10万円の元手から分散投資を体験できます。

投資信託のメリット

投資信託のメリット 少額から始められる・専門家にお任せ・投資先を複数に分散・損失が及ばず安心・種類が豊富 5つご紹介します。

少額から始められる

「投資信託」は、少額の資金から運用を始められる「投資商品」です。

また、購入方法が一括の場合と積立の場合で金額が異なり、一般的には積立の方がより少額という特徴があります。

専門家にお任せ

運用のプロにお任せできます。

また、投資家のあなたは、定期的に送られてくる運用状況のレポートを見ればいいだけなので、投資運用する直接の手間やコストを抑えることができます。

プロである専門家にお任せできるのはとても心強いことではないでしょうか。

投資先を複数に分散

「投資信託」は、投資先を複数に分散させることにより一つの投資先で損失が出ても、他の投資先で利益を出せればプラスマイナスで利益を残すことが出来る可能性がある「投資商品」です。

損失が及ばず安心

「投資信託」は、販売・運用・管理の3つのプロで構成されています。

もしも販売会社と運用会社が破綻したとしても、管理のプロである受託会社(信託銀行)が財産を管理しているので投資家のあなたに損失が及ばず安心です。

種類が豊富

株式を一切組み入れない「公社債投資信託」と、株式を組み入れる「株式投資信託」があります。

そして、「追加型」といういつでも購入可能なものと、「単位型」という募集期間中のみ購入可能なものがあります。

この組み合わせの4種類があります。

投資信託のデメリット

投資信託のデメリット 販売買付手数料を払う・管理手数料を払う・解約手数料を払う・価格変動 の4つをご紹介します。

販売買付手数料を払う

販売買付手数料を支払います。投資信託をする際に販売会社に払う手数料のことです。

手数料は購入時1回のみで、相場は購入価格の1~3% ほどです。最近では手数料無料の商品もあります。

管理手数料を払う

「投資信託」の運用にかかる管理手数料と決算ごとに受け取る会計監査に必要な費用を払います。

合わせて管理手数料の相場は、純資産総額に対して年0.5~3%ほどです。

これは、「投資信託」を保有している限り発生し続けます。

解約手数料を払う

「投資信託を」を売却する際にかかる解約費用のことです。

これを、信託財産保留額といい、解約した人が払う仕組みになっています。

解約時1回のみで、相場は解約価格の0.1~.0.5%です。無料商品もあります。

価格変動

「投資信託」が組み入れている株式や債券の価格変動の可能性があります。

原因として、金利・景気・物価・為替・金融政策などがあります。

投資信託を選ぶポイント

「投資信託」は投資のプロが、あなたの代わりに分散投資を行ってくれる点がおすすめポイントです。

種類が豊富で様々な選択肢があります。

投資信託の方法5つのステップ

  1. 「投資信託」の口座を開設する
  2. 「投資信託」を選ぶ
  3. 購入方法を選択
  4. 利益の受け取り方を選ぶ
  5. 「投資信託」の購入

さらに「投資信託」を詳しく知りたい方へ

こちらの記事で、投資信託の購入方法の詳細がご覧になれます。

投資信託(投信)の買い方(購入方法)や選び方まで徹底解説!!

株式投資

「株式投資」とは、企業が発行する株に投資することで配当金を積み重ねたり取得した時の金額と売却金額の差の利益を得たりする投資方法です。

企業は株券を発行して、その株を売ることで資金を調達します。

その株を購入する法人や個人は企業の株主になります。

つまり株を買うということは、その企業の出す利益を受け取る権利が与えられます。

株式投資のメリット

株式投資のメリット 売却益を期待・配当金を得る・株主優待を得る・企業経営に参加 の4つをご紹介します。

売却益を期待

株を購入した時点よりも株価が値上がりし購入時より高い値段で株を売却した場合の差額が利益になります。

配当金を得る

企業が得た利益の一部を株主へ支払う配当金があります。

配当は年に1回、もしくは2回行う企業がほとんどで、2%~3%程度の配当が平均的です。

株主優待を得る

株主優待が得られます。

優待内容は株の保有数などによって異なりますが、例としてANAは「航空サービス割引」や「自社ホテル優待」、「ツアー優待」など様々な株主優待があります。

企業経営に参加

企業の株を保有すると、議決権が与えられ企業の経営に参加できます。

つまり、株主総会の決議に賛成や反対の意思を表明できるものです。

株式投資のデメリット

株式投資のデメリット 投資額が比較的高い・株価の変動・企業の経営次第 の3つをご紹介します。

投資額が比較的高い

「株式投資」は、100株単位で購入しなければならないため、最低でも数万円の元手が必要になります。

株価の変動

株式は証券取引所で売買されています。

「株式投資」は株価変動のリスクがあり、上手く売買できれば売却益が期待できます。

しかし、元本保証されるものではなく株価の値下がりにより、損失の可能性もあります。

企業の経営次第

もし株式購入した企業が破綻した場合、株価はなくなります。

つまり、投資したお金を取り戻せなくなり、企業の経営状況によって投資資金を失う可能性があります。

株式投資を選ぶポイント

「株式投資」のおすすめポイントは、資産運用の王道的な手法ですので経験値を積む価値は十分あります。

投資に10万円を用意してはじめましょう。

株式の購入方法5つのステップ

  1. 証券会社に口座を開く
  2. 口座にお金を入金する
  3. 買う銘柄を選ぶ
  4. 注文を出す
  5. 取引成立

さらに「株式投資」を詳しく知りたい方へ

こちらの記事で、株式投資の仕組みと初め方の詳細がご覧になれます。

株式投資とは?株式投資の仕組みと始め方を徹底解説!

海外積立投資

「海外積立投資」とは、海外で行う積立型の投資方法です。

また、他の国々でも人気のある資産運用方法になります。

海外積立投資のメリット

海外積立投資のメリット 高い利回り税率が低い・豊富な金融商品・複利運用・購入単価を抑える の4つをご紹介します。

高い利回り税率が低い

「海外積立投資」における最大の魅力は、やはり利回りが高いことです。

日本においては、投資収益に対して税率が約20%かかります。

しかし、海外では投資において得られた配当金は、国で異なりますが、税金がほとんどかからないか又は非課税になります。

豊富な金融商品

日本においては、金融庁に認可された金融商品しか販売できず、優良なファンドの多くが投資対象から外れてしまいます。

しかし、「海外積立投資」は約200ファンドの中から銘柄選定を行うことができます。

購入者になるあなたは、多様な商品選択が可能になります。

複利運用

複利運用とは、積立額に対して生じた利子を、翌月の元金に組み入れる方式です。

積立額だけでなく利子にも翌月の利子がつきます。各期の利子が次第に増加していきます。

購入単価を抑える

「投資商品」は、日々価格が変動しています。

ドルコスト平均法による長期投資をすることで、平均購入単価を抑えることができます。

ドルコスト平均法とは、毎月購入する際に、購入額を一定にする方法です。

海外積立投資のデメリット

海外積立投資のデメリット 途中解約で損・少ない情報・為替リスク の3つをご紹介します。

途中解約で損

早期の解約の場合は、手数料で損になることがあります。

長期の投資として考えてみましょう。

少ない情報

ご自身でも、ある程度勉強している必要があります。

それに加えて、オフショア投資に詳しい販売代理店を選ぶことも視野にいれましょう。

為替リスク

オフショア投資においては、外貨での運用となるため当然為替リスクが発生します。

海外積立投資を選ぶポイント

「海外積立投資」はオフショア投資とも呼ばれています。

気になる初期費用ですが、この積立型の投資は初めから多額の資金が必要なわけではありません。

「海外積立投資」に魅力を感じたあなたも、きっと始めやすい投資になるでしょう。

さらに「海外積立投資」を詳しく知りたい方へ

こちらの記事で、海外積立投資の正しい始め方の詳細がご覧になれます。

海外積立投資(オフショア投資)海外積立投資について、メリット・デメリットと正しい始め方

失敗しらず?初心者さんの志し3つ!

失敗を防ぐ3つの対策をまとめました。

取り返しのつかないことにならないように、投資する前に知っておきたい志しをお伝えします。

初心者さんへ投資前の志し3つ

  • 「投資商品」の詳細を知る
  • 投資に100%を目指さない
  • 投資で無理をしない

対策1:「投資商品」の詳細を知る

あやしい情報は信じずに、安定的な資産運用が大切です。

投資で儲けることは十分可能です。

また、危ないかどうかはやり方次第になります。

本業以外から収入を得ることができたら、とてもうれしいことでしょう。

しかし、投資手法を誤ってしまうと危機的な状態になりかねません。

投資するリスクとリターンの関係は表裏一体の関係といえます。

たくさん儲けが期待される投資ほど資産の損失も高くなります。

一攫千金を狙う投資手法には惑わされないように心がけましょう。

加えて着実な運用を守りましょう。それについて詳しくなり、今のあなたに合った「投資商品」を選びましょう。

対策2:投資に100%を目指さない

投資に100%を目指さないことです。

お金が少々減ったことに対して苦痛を感じるのなら、そのお金は始めから使うべきではなかったお金です。

完璧を目指すとストレスで心と体が悲鳴をあげるでしょう。

そして、仕事や家庭にも悪影響を与えます。

今より豊かになるために投資を始めたのに苦痛になっては、元も子もありません。

もしも、損失がでた場合は原因を考えましょう。

そして、次の投資に活かせば大丈夫です。

良い状況にするためにも仕切り直しをしましょう。

取り返しがつかない失敗を防ぐために大事なことです。

どんな事態にも冷静な判断ができるような精神力をつけて磨いていきましょう。

対策3:投資で無理をしない

資金的に余裕がない状況での投資は、精神的苦痛を伴います。

けっして、無理をしないことです。

やけになって、生活費を使って投資をしている場合も、わざわざ借金までして投資するのもいけません。

今までに投資経験がない初心者さん、また貯金しか経験がない投資がはじめての方は、できるだけリスクが低く安全な投資方法を選びましょう。

無理にハイリターンを狙うのはNGです。

賢く「投資商品」を選び元手の10万円を活かす思考で運用していきましょう。

投資信託・株式投資・海外積立投資を比較

投資信託

株式投資

海外積立投資

メリット 少額から始められる・専門家にお任せ・投資先を複数に分散・損失が及ばず安心・種類が豊富

メリット 売却益を期待・配当金を得る・株主優待を得る・企業経営に参加

メリット 高い利回り税率が低い・豊富な金融商品・複利運用・購入単価を抑える

デメリット 販売買付手数料を払う・管理手数料を払う・解約手数料を払う・価格変動

デメリット 投資額が比較的高い・株価の変動・企業の経営次第

デメリット 途中解約で損・少ない情報・為替リスク

おすすめポイント プロにお任せ

おすすめポイント 王道的手法

おすすめポイント 少額資金OK

初心者向け資産運用セミナー(参加費無料)

収入・将来の夢、社会の動き、そして幅広い金融商品(投資信託、生命保険、損害保険、不動
産、海外投資、アンティーク資産、ヘッジファンド等)
のメリットやリスクから、節税、社
会保障制度、就業規則
にいたるまで、自己の資産形成に必要な幅広い事柄から、あなただけの
賢い資産運用法」を導き出す参加費無料の初心者向け資産運用セミナーを開催しております。

下記より、セミナー一覧ページへジャンプします。

まとめ

いかがでしたか?

  • 投資10万円の元手を準備すること
  • 投資のリスクと貯金のリスクのこと
  • はじめての投資おすすめ3つの商品のこと

など、その他をお伝えしました。

どのような投資でも、必ず余剰資金で行います。

生活費には決して手をつけないことを心がけ忘れないことです。

そして、無理なく楽しく投資を行って、あなたのライフスタイルを豊かにしてきましょう。

関連記事

-基礎知識, 資産運用
-, ,

Copyright© 資産運用完全ガイド , 2020 All Rights Reserved.