基礎知識 資産運用

従来NISAと比較した、つみたてNISA(積立NISA)とは?いつから始まるのか?

更新日:

2018年1月より「つみたてNISA(積立NISA)」制度が開始されます。

そもそもNISAとは、投資などにより得た利益に対してかかる約20%の税金を
年間で最大120万円まで非課税にできる、少額非課税投資制度です。

今回開始される「つみたてNISA(積立NISA)」というのは、従来のNISAと何が違うのか
どんなメリットがあるのか、といったところを中心にご紹介していきたいと思います。

つみたてNISA(積立NISA)とは

つみたてNISA(積立NISA)とは、2018年から開始される積立型のNISA(少額投資非課税制度)です。

従来のNISAは、非課税枠は年間120万円までで、非課税となる投資期間は最大5年まででした。

しかし、つみたてNISA(積立NISA)の場合は、非課税投資枠が年間40万円で、非課税となる投資期間が最長20年となっており従来のNISAよりも、毎月少額の長期投資をする方に向いている制度といえます。

「長期・積立・分散」投資の重要性

日本の金融市場においては、商品の買うタイミング、売るタイミングの判断が難しいものが多く、個人に不向きの商品がいまだに多く販売されています。

金融庁長官の森信親さんも、下記のように述べています。

「個人金融資産を預金等の元本保証商品、リスクを低く抑えた運用、ハイリスクの運用、の3つに分けたとき、日本では預金と一部のハイリスク商品への偏りがみられる。
その中間の投資を増やすことが個人の安定的な資産形成に役立ち、つみたてNISAをそのための一つのきっかけとしたい。」

長期・積立・分散」をキーワードとした、本当によい商品やサービスを顧客に提供することに
より、貯蓄から資産形成への流れができ、顧客にとって本当に良い投資選択ができると
仰っています。
その足がかりとなるのがこの「つみたてNISA」なのです。

つみたてNISAのポイント

Ⅰ.つみたてNISAのポイントは、大きく下記の5つになります。

①開始は2018年1月から
②非課税となる期間は最長で20年間
③非課税となる年間上限投資額は40万円
④買い付けは積立であること
⑤対象となるのは一定の条件を満たす投資信託、ETF

※③について、月々におよそ33,000円分の積立投資を行うことが目安となります。
※⑤具体的な対象投資商品については、2017年10月以降に金融庁から公表される予定です

 

Ⅱ.ここで、つみたてNISAと従来のNISAについて、違いをまとめると下記の通りになります。

種類 つみたてNISA 従来のNISA
開始時期 2018年1月から 2014年1月から
終了時期 2037年まで 2023年まで
非課税となる期間 20年間 5年間
非課税となる年間上限投資額 40万円まで 120万円まで
投資総額 最大800万円まで 最大600万円まで
投資できる商品 投資信託、ETF等 株・投資信託・ETF・REIT
資産の途中引き出し 可能 可能

上記を見ると、つみたてNISAは最長投資期間が20年、年間投資上限額が40万と積立投資に特化した制度であることがわかります。

つみたてNISAを利用した場合の非課税額のシミュレーション

では、つみたてNISAを利用してつみたて投資を行った場合、どのくらいの非課税額となるのでしょうか?

下記は、月33,000円(年間の投資上限額400,000円÷12=約33,000円)を年間利回り5%の投資信託に20年間積み立てた場合の、非課税額の推計になります。

つみたてNISA利用時の非課税額の推計

およそ、100万円近く非課税となっていることがわかり、かなりの節税効果があることがわかります。

つみたてNISAの注意点

つみたてNISAを始めるうえで、下記のような注意点があります。

①従来のNISAとは、併用できません。
②余った非課税枠の持ち越しはできません。
③NISAからつみたてNISAへのロールオーバーはできません。

 

①従来のNISAとは、併用できません。

つみたてNISAを利用する場合、従来のNISAとの併用はできません

②余った非課税枠の持ち越しはできません。

年間の非課税上限投資額については、余った枠に関して翌年以降に持ち越すことはできません

③NISAからつみたてNISAへのロールオーバーはできません。

現状、NISAからつみたてNISAへのロールオーバー等も制度上認められていません
※ロールオーバーとは、保有商品の移行を意味します。

従来のNISAとつみたてNISAでは、どちらを選べばよいか?

従来のNISAがおすすめの人

とりあえず、少額から投資を始めてみたい、という方には従来のNISAをおすすめします。

対象となる商品には、一部制限がありますが投資から得られる配当金、譲渡益に対してかかる税金のうち年間120万までの上限で、5年間は非課税の状態で、投資を行うことができます。

つみたてNISAがおすすめの人

つみたてNISAのキーワードは、「長期運用」と「積立投資」になります。

目安として、月々3,3000円以下の積立で、長期での資産運用を検討している方」には
つみたてNISAがおすすめです。

また、つみたてNISAでは、長期安定運用等の基準を満たした投資信託のみが対象なので、投資は初めてで、何から始めたらいいかわからない、という方にもおすすめと言えます。

NISA以外がおすすめの人

NISA制度には、投資対象や年間の投資額などに上限がありますので
この制限外で投資を行いたい方は、必然的にNISA以外を利用することになります。

投資収益にかかる税金などを加味したうえで、投資対象を選択していきましょう。

つみたてNISAの始めるにあたって

つみたてNISAに関する具体的な手続き等については、まだ詳細がアップされておりませんが
おおまかな流れとしては、下記になります。

NISA口座を2018年以降も引き続きご利用する場合は、2017年9月中にマイナンバーを提出する
必要があります。

なお、具体的な時期や手続き等については、証券会社ことに異なりますので
必ず各証券会社のホームページ等にて、ご確認下さい

 

つみたてNISA利用開始の手続き

初心者向け資産運用セミナー(参加費無料)

収入・将来の夢、社会の動き、そして幅広い金融商品(投資信託、生命保険、損害保険、不動産、海外投資、アンティーク資産、ヘッジファンド等)のメリットやリスクから、節税、社会保障制度、就業規則にいたるまで、自己の資産形成に必要な幅広い事柄から、あなただけの「賢い資産運用法」を導き出す参加費無料の初心者向け資産運用セミナーを開催しております。

下記より、セミナー一覧ページへジャンプします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

つみたてNISAについて、まだ詳細は公表されておりませんが
内容を見る限り、非常に人気になりそうな制度です。

今まで投資を行ったことがない方も、これを機にぜひご検討されてみてはいかがでしょうか?

 

関連記事

-基礎知識, 資産運用
-, ,

Copyright© 資産運用完全ガイド , 2019 All Rights Reserved.