仮想通貨 資産運用

今流行りの仮想通貨およびビットコインの買い方について徹底解説!

更新日:

今回は、今流行りの仮想通貨の買い方について、ご紹介したいと思います。

今まで投資は難しそうだししたことがないけれど、今回初めてやってみようと思った方は多いのではないでしょうか?

仮想通貨の買い方は、思っているよりもとても簡単です。

ぜひ、これを機に実際に購入してみていただければと思います。

仮想通貨の買い方

仮想通貨の購入の流れとしては、おおまかに下記のようになります。

①取引所に登録をする
②入金する
③好きな仮想通貨を買う

とても簡単にインターネットを通じて購入することができるので、まずは実際にやってみていただければと思います。

それぞれの流れについて説明していきます。

①取引所に登録をする

まず初めに、取引所に登録を行い口座を開設します

下記に、おすすめの取引所をいくつかピックアップいたしました。

 

おすすめの取引所


1:
bitFlyer(ビットフライヤー)

 

bitFlyer(ビットフライヤー)は、ユーザー数、取引量ともに日本一の取引所です。

また、安全性やセキュリティ対策もトップクラスで、不正ログイン時最大500万円までの損失補償もあります。
初めて仮想通貨を購入する方には、非常におすすめの取引所になります。


取り扱い仮想通貨
・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・イーサリアムクラシック(ETC)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・モナコイン(MONA)
・リスク(LISK)

bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴
ユーザー数取引量ともに日本一
安全性セキュリティ対策トップクラス
・不正ログイン時、最大500万円まで補償

bitFlyer公式サイト

 

2:GMOコイン
 

東証一部上場のGMOインターネットグループであり、しっかりとしたセキュリティと管理体制で安心して取引ができます。

また、日本円の即時入金、出金が無料であることや、ビットコインFXの取引に優れていて非常につかいやすいスマホアプリ「ビットレ君」があるのも魅力の一つです。


取り扱い仮想通貨

・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・リップル(XRP)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)

GMOコインの特徴
GMOインターネット(東証一部上場)グループ
・日本円の即時入金、出金が無料
ビットコインFXの取引に優れている(スマホアプリ「ビットレ君」)

GMOコイン公式サイト

 

3:DMM Bitcoin(DMMビットコイン)


24時間365日のサポート付き
で、サポート体制に非常に力を入れています。
また、高機能で使いやすいスマホアプリも用意されており、初心者でも取引が行いやすいです。

一方で、アルトコインのレバレッジ取引が可能なところも魅力の一つとなっております。


取り扱い仮想通貨

・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・ネム(XEM)
・リップル(XRP)
・ライトコイン(LTC)
・イーサリアムクラシック(ETC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)

DMMBitcoin(DMMビットコイン)の特徴
・取引が非常に行いやすいスマホアプリ
24時間365日のサポート付き
・アルトコインのレバレッジ取引が強み

DMMBitcoin公式サイト

 

登録の流れ

取引所における登録の流れは、下記になります。
どの取引所でも基本的に同じ流れで、あまり変わりません。

①メールアドレスの登録

まずは、取引所にメールアドレスを登録します
この後の流れで、確認メールなどが届きます。

②確認メールにあるURLをクリック

上記で登録したメールアドレス宛に、確認メールが届きます。
その中に認証URLが記載されているので、そちらをクリックします。

③登録情報の入力&本人確認書類のアップロード

ご自身の名前・住所・生年月日などの情報を登録します。
また、本人確認書類として、下のような書類をアップロードします

・運転免許証
・各種健康保険証
・パスポート
・個人番号カード

④住所確認のはがきが届く

取引所による審査が完了したら、住所あてにはがきが届きます

⑤口座の開設が完了

これで口座の開設が完了します。
あとは、はがきに書かれている「本人確認コード」により会員ページにログインして下さい。

②入金する

取引所にて口座開設が完了したら、次は入金を行います。

入金方法としては、

①銀行振り込み
②Pay-easy(ペイジー)入金(クイック入金)
③コンビニ入金
④クレジットカード入金

の4つがあります。

①銀行振り込み

通常の銀行振り込みと同じです。
取引所に取られる手数料はありませんが、銀行による振り込み手数料はかかります。

②Pay-easy(ペイジー)入金(クイック入金)

Pay-easy(ペイジー)入金は、取引所によっては「クイック入金」とも呼ばれ、簡単に言うと「ネットバンキング」のことです。

銀行振り込みとの違いは、Pay-easy(ペイジー)の場合、24時間365日パソコンやスマホからすぐに入金ができ、クレジットカードのように即時反映されます。
ただし、ネットバンキングへの事前の登録が必要となりますので、そこだけご注意下さい。

③コンビニ入金

コンビニにある端末から入金作業を行います。
コンビニ入金の場合も、ペイジー入金同様即時反映されますが、数百円の手数料はかかります。

④クレジットカード入金

クレジットカード入金については、bitFlyer(ビットフライヤー)など一部の取引所においてのみ対応しております。

ただ、複数の大手銀行でクレジットカードでの仮想通貨購入は禁止に乗り出しており、取引所におけるクレジットカード決済はなくなっていく可能性が高いです。

③仮想通貨を買う

入金が終わったら、実際に仮想通貨を購入していきます。

購入する方法は、主に下記の2つがあります。

販売所で買う

一つ目は、販売所で買う方法です。

仮想通貨を初めて買う方は、まずはこちらの方法をおすすめします

買い方は通常のネットショッピングなどと同じで、仮想通貨ごとの値段が書かれているので、欲しい数だけ注文します。

購入者の売買の相手方は、販売所の運営会社になります。

日本の仮想通貨の販売所は、下記になります。

日本の仮想通貨販売所

・bitFlyer(ビットフライヤー)
・GMOコイン
・DMMbitcoin(DMMビットコイン)
・Zaif(ザイフ)

bitFlyer(ビットフライヤー)やZaif(ザイフ)などのように、「取引所形式がメインで、販売所形式もある」というところもあれば、GMOコインのように「販売所のみ」のところもあります。

販売所経由で購入をする場合は、販売所専門であり一番簡単なGMOコインをおすすめします。

取引所で買う

二つ目は、取引所で買う方法です。

買いたい人と売りたい人がそれぞれ自由に価格設定をして、買い注文と売り注文の価格が一致したら、売買が成立する仕組みになっています。
株式投資などの経験がある方は、すんなり購入できるかと思います。

馴染みのない方は、多少割高にはなりますが販売所での購入をおすすめします。

初心者向け資産運用セミナー(参加費無料)

収入・将来の夢、社会の動き、そして幅広い金融商品(投資信託、生命保険、損害保険、不動産、海外投資、アンティーク資産、ヘッジファンド等)のメリットやリスクから、節税、社会保障制度、就業規則にいたるまで、自己の資産形成に必要な幅広い事柄から、あなただけの「賢い資産運用法」を導き出す参加費無料の初心者向け資産運用セミナーを開催しております。

画面下部の「セミナー情報」ボタンから、セミナー一覧が見れます。

まとめ

今回は、「仮想通貨の買い方」についてご紹介しました。

見ていただいた通り、仮想通貨の購入はそれほど難しくありませんので、まずは少額でもいいので、実際に購入してみることをおすすめします。
慣れてきたら、色々な仮想通貨を購入してみたり、金額を少しずつ増やしていくなどしてみましょう。

関連記事

-仮想通貨, 資産運用
-, ,

Copyright© 資産運用完全ガイド , 2020 All Rights Reserved.