プロフィール写真

ライフマネートレーナー

戸倉郁Tokura Kaori

私たちが持つ“時間”こそ
一番の資産だということ

Profile
1992年生まれ/A型
Career
1992年 埼玉県生まれ埼玉県育ち
2014年 大学卒業
2014年 建築・賃貸管理会社入社
2017年 株式会社クレア・ライフ・パートナーズ入社
License
宅地建物取引士
2級ファイナンシャル・プランニング技能士
一種外務員資格
生命保険、損害保険各種
カラーコーディネーター3級

これまでの歩み

大学卒業後、大手不動産会社に入社。
入社して数年が経ち、結婚や出産などを考えるようになった頃、将来に対し漠然とした不安を抱えたまま過ごして、銀行預金だけに偏る資産に疑問を感じ始める。実際に自分で運用を始めるなかで“投資=損をする”という認識は最も陥りやすいリスクで、お金に余裕がない若いうちこそ動き出す意味があるということに気が付く。
金融業界に全く縁のなかった自分だからこそ、“自分には投資なんて縁がない”と思っている人々にも、何か伝えられることがあるのではないかと転職を決意。
現役世代向けに資産形成の大切さを伝えるクレア・ライフ・パートナーズと出会い、まさに自分がチャレンジしてみたかった役割を実現できると確信し入社を志願。今では提携企業の従業員向けセミナーや動画配信学習サイトなどでも講師を務めている。

インタビュー

独学でファイナンシャルプランナーの勉強を開始

―なぜFPの資格を取ろうと思ったのですか?

きっかけは、将来に対する漠然とした不安を解消するために、何かしなければいけないという、危機感に突き動かされたことが大きかったと思います。 学生時代、学費をアルバイトしながら工面した苦い経験から、将来対策への意識は人一倍強かったと思います。 充分な金融教育がなされていない日本では、資産を形成しようとした場合に貯金以外の選択肢があまり一般的ではありません。 しかし現実では、やりたいことを実現するにはどうしてもお金が必要になります。このままでは、またいつかお金で困る日が来るのかもしれない、何とかしなければ、そんな思いが私を後押ししました。

これからの自分の人生や将来子供ができたときに“お金の問題で何かを諦めなければいけない”、そんな経験はしたくない、してほしくないと強く感じています。 そして、改めてこれから自分が歳を重ねていくと同時に、同じような悩みを持つ方々の力になりたいと思っています。

資産形成は希望を実現させるための手段でありプロセス

―効率的な資産形成はなぜ必要なのでしょうか?

あくまで、資産を築くということは手段であり目的ではないと思っています。 これまで多くの方のご相談を伺ってきて、皆さんが持つお考えは多岐にわたれど、実現させたい人生や夢のために「お金で困りたくない」というお気持ちは同じだということを感じました。 社会保障費の増加や、少子高齢化が進む日本で、「普通に働いて、普通に暮らす」ということが徐々に困難になっていきます。自分のコントロールが効かないところで、思わぬアクシデントに見舞われることもあります。

今までより効率的に資産を形成することは、20年30年後に老後を迎える資産形成期層の私たちにとって、全員共通の課題となります。お金は決して全てではありません。ですが、必ず全てにお金の問題は係ってきます。将来のために一体何ができるのか、それを一緒に考えるのが私たちの役割です。

“時間”という資産を最大限に有効活用してほしい

―どんな人に一歩踏み出してほしいですか。

“家計に余裕がない、お金がないから資産運用なんて自分には全く関係ない”と思っているそんな人にこそ、“時間”の力を借りて一歩踏み出してほしいと思っています。資産形成期層と呼ばれる私たちの世代には、現段階でまとまった運用資金はなくとも“時間”は多くあります。必要なリスクをとることができるのも時間の力を借りた長期運用だからこそ。リスクを抑えて資産形成を行うには時間が必要不可欠です。また、お客様には“複利”の効果をよくお話いたしますが、時間がもたらす複利の効果は絶大です。

“いま”を最大限に楽しむために、将来のことを一緒に考えましょう!

―お客様へのメッセージを最後にお願いいたします。

健康で若いうちは「きっとなんとかなる、今は必要ない」そう思われる方も多いと思います。ただ、そうして見ないようにしていた問題は将来の自分に先送り、気が付いた時にはもう残された時間が少なかった。それではあまりにも将来の自分がかわいそうではありませんか?将来の自分の味方になってあげられるのは“今の自分”しかいないのです。 資産形成を始めることは、決して我慢ばかりすることではありません。資産を築くことができる時間がある若いうちからしっかりと将来対策を始めることで、安心して“いま”を全力で楽しむことができます。将来の不安を資産形成の楽しみに変え、今も未来も最大限に楽しむために、これからのことを一緒に考えましょう!

ページの先頭へ戻る