一番不安だったのは、何も知らないままでいることでした。 | 資産運用をもっと身近に 20代30代から始める株式投資・不動産投資・生命保険

お客様の声

miyamoyo_top

一番不安だったのは、何も知らないままでいることでした。

miyamoyo_prof
  • Name : 宮本昌明/朋子様
  • Age : 40/38
  • Work : 小売業/商業施設企画設計
自分たちの知識のなさに改めて気がつきました。
ーまずはCLPへのご来社のキッカケを教えてください。

昌明さん:会社の同僚の紹介でCLPの工藤社長と食事をしたことが一番最初のキッカケです。その際に工藤さんが資産形成のお仕事をされているという話を伺いました。

私も資産形成には興味があったので自宅に帰って妻にその話をしたところ、勉強のつもりで一度話を聞いてみようということになり、最初から二人で一緒に相談に来ました。

ー最初にご相談された感想はいかがでしたか?

昌明さん:自分たちの知識は、生命保険や確定拠出型年金程度でしたが、他にも資産形成には色々な種類があることを知り驚きました。

朋子さん:なんとなく貯金だけしているだけではダメそうな気はしていたので、色々聞けて勉強になりました。

昌明さん:資産の偏りをなくすことや、流動性など資産形成の考え方を聞いて、すごく納得したことが多く、一度しっかり相談して勉強したい!と思いました。
miyamoyo_free1
丁寧な対応に安心感を覚えました。
ーコンサルティングを終えられて、当初のご相談の目的は達成されてますでしょうか?

昌明さん:そうですね。これまでの偏った資産が分散され資産形成のベースができたという感じです。CLPや担当して頂いた石川さんには、とても丁寧に対応して頂き安心感もありました。

石川さんから頂いたご提案は、自分たちからするととても思いつかないような大胆なものでした(笑)。言われるがまま進めるのも少し悔しかったのであらがってみようかなとも話していたんですが、気づいてみると妻も私も最初のご提案通りの内容に納得していました(笑)。

不安がないかと言われればうそになりますが、前向きにやってみようかと思っています。
miyamoyo_free2
将来への期待が、チャレンジの不安を上回りました。
ーどういったところに不安を感じましたか?

昌明さん:全ての運用プランが、初めてだったので、複数を同時に取り組むことには不安を感じていました。

まだ運用をスタートしたばかりで実際に成功体験はないですが、不安と期待では、期待の方が強いです。ただし、不安もゼロではないです。

ー不安を感じながらも進めていこうと思われた部分はどんなところでしょうか?

昌明さん:資産推移を時系列で視覚的に見せて頂いたのでイメージしやすかったんだと思います。リスクがあるのも説明をしてくれましたし、自分たちの性格的に、やってみなきゃわかんないよねっていう思いもありました。

自分たちの知識で調べて行動するだけでなく、工藤さん石川さんを信頼して、色々経験してみることの方が大切だと思いました。
miyamoyo_free3
わかりやすく伝えるツールがあるとよい。
ー今後CLPへはどんなことを期待されますか?

昌明さん:どこまで御社にご相談してよいのか、他の方との具体的な数字での比較は難しいかもしれませんが、目安になるものがあると嬉しいですね。

朋子さん:例えば資産規模・年収の例があってこれくらい年収があるとこういう運用ができますよ、とか。何段階かで目安があってここくらい目指しましょう、などの実例があるとわかりやすいと思います。

昌明さん:みんなお金の話は知りたいんじゃないかと思います。ただお金の話は苦手な人もいるし、誰にどこまで話していいかわからないというのが正直な気持ちですね。

自分たちからCLPのことを話してもせっかくいいサービスなのに悪く伝わっても嫌だし、だからこそ何かうまく伝えられるツールやキッカケがあると良いと思います。

ちなみに二人とも両親にも話してません(笑)田舎の堅物の親なので、、、

両親に話をするときもどんな反応をするのか楽しみです。