資産運用の行きつく先。新たな世界を広げてくれた。

  • Name... 藤原様
  • Age... 54
  • Work... 小売電気業 財務部長

インタビュー

プロにお任せることで、安心感を得た

-クレア・ライフ・パートナーズ(以下、CLP)を知ったきっかけはなんでしょうか?

海外の不動産に興味があり、インターネットで調べていた時にCLPのホームページを見つけたのがきっかけです。人口動態的に不動産投資したい国があり、どういう会社を通して投資できるのか調べていました。さまざまな会社がある中で、CLPは不動産だけではなく幅広い投資商品を取り扱っており、色々な話しを聞けると思い、ご相談に伺うことにしました。

-CLPを選んでくださった決め手は何ですか?

ご相談した当時、株価の急落により保有していた投資信託が1日で100万円も暴落したのです。その時に担当して頂いた荒谷さんの話しを聞き、やはり自分だけで判断してやってはいけないなと思い、申込をすることにしました。

実はCLPに相談をする前に他社にも何社か相談をしたのですが、お話が全てセールスサイドで、営業感を感じてあまり信用できないと思っていました。ですが担当の荒谷さんは、理系な鋭さを持ち淡々と話しを進めながらも柔らかさもあって、信用できる方だと感じたのを覚えています。

抵抗があった資産運用商品も、安心して踏み出すことができた

-ご相談前後でどのような変化がありましたか?

投資や節税のための計算を自分自身で行っていましたが、ご相談する中で助言を頂いたことで、安心感が得られました。
もう一つ、不動産投資に対するイメージも変わりました。お金を借りて行う不動産投資に抵抗がありましたが、不動産に投資すべき根拠や得られる利益などを明確にあげてくれ、「そのストーリーなら上手くいく、だったらお金を借りて投資してもリスクが低い」と納得し投資しました。荒谷さんのお人柄もあって、どんどん警戒心が無くなっていきました。

-資産運用を継続した先に叶えたいことや実現したいことはありますか?

90歳になるまで資産が無くならないかをシートに落とし込んで検証しているのですが、足りない部分があるのでそこをプラスにしたいです。証券会社では年間3-5%で資産運用できれば大丈夫だと言われましたが、それでは足りないと思っています。
将来の日本を思うと不安な材料ばかりです。それを踏まえた資産運用をしていかなければいけないと思っています。

-CLPは藤原さんにとって、どのような存在ですか?

知らない世界を教えてくれるドラえ〇んのような存在です。
不動産投資やアンティークコイン等、自分では得られないような情報を教えてくれました。アンティークコインは最初は怪しいと思っていたけれど、話しを聞いているうちに興味をもち、気づいたら投資していました。そして今値上がりもしていて、投資して良かったと思っています。

知り得ない情報を教えてもらい、想像もしない角度から色々な提案をいただけるのですが、どれもCLPという会社が選別してくれていると思うので、安心して受け入れることができます。

一歩踏み出せるか...それもすべて自分の判断

-CLPをどういう方に知ってもらいたいですか?

長期的に資産運用をしていく中で、何に投資すべきか、何から始めればいいか分からない方がたくさんいると思います。投資資金が潤沢にある人も、そうでない人も、投資先に困っているならCLPに相談すれば選択肢が広がると思います。

-これから運用相談を考えている方に向けてメッセージをお願いします。

運用に関しては人それぞれ状況も異なりますし、基本的には自己責任なのでお伝えしづらいですが、資産運用を考えて調べていくとCLPのようなサービスに行き当たると思います。
そこで信用するかしないか、一歩踏み出してみるか、もしくは踏み出せないのかも、すべて自分の判断です。
ページの先頭へ戻る