ホーム コラム スペイン アンティークコインの歴史と価値【金貨・銀貨8選】

公開日 2022.3.29更新日 2022.6.9

スペイン アンティークコインの歴史と価値【金貨・銀貨8選】

スペインのアンティークコインは、エスクード金貨をはじめとする裏面にスペインの紋章でもある盾が描かれているのが最大の特徴です。

エスクード以外にもレアル、ペセタが発行されており、現在の王立スペイン造幣局の元となるマドリードの造幣所以外でもコインが発行されてきました。

この記事では、スペインの金貨・銀貨を合わせて8種類紹介し、コインの歴史と種類を紹介します。

スペイン コインの歴史

スペイン コイン 歴史

スペイン マドリード

スペイン王国は1479年、カスティーリャ王国とアラゴン王国のの合併によって成立し、スペインのコインの歴史もこの時代から始まっています。

スペインのコインの歴史を以下の流れで紹介します。

  • スペイン コインのはじまり
  • スペイン コインの種類
  • スペイン コインとナポレオン一族

スペイン コインのはじまり

スペイン コイン はじまり

スペインのコインの歴史は中世まで遡り、15世紀のカスティーリャ王エンリケ4世の時代に、現在の王立スペイン造幣局の元となるマドリードの造幣局で初めてコインが発行されました。

当時は他にも鋳造所が存在したため、マドリード鋳造所がコインの製造において大きな権力を握っていたわけではありませんが、17世紀初頭のフェリペ3世の時代に造幣局が王室に組み入れられたことで大きな権力を持つようになります。

しかし、19世紀になるとスペインはフランス皇帝ナポレオンに侵略され、ナポレオンの兄であるジョゼフ・ナポレオンがスペイン王となったことで王立スペイン造幣局は一度は閉鎖に近い状態になったといわれています。

1861年に、イザベラ2世によりプラザ・デ・コロンに新たに王立スペイン造幣局の新施設が建てられ、1893年にはプラザ・デ・コロンに王立図書館と博物館がオープンしたことで現在の造幣局に至ります。

スペイン コインの種類

スペイン コイン 種類

スペインの現在の通貨はユーロ/セント(スペイン語読み:エウロ/センティーモ)です。

しかし、スペインの歴史上ではさまざまな種類のコインが流通していました。

代表的な通貨が16世紀から19世紀の間に流通していたエスクードであり、盾を意味するこの通貨は裏面に盾の紋章が描かれているのが特徴です

1535年にカルロス1世が発行を開始し、1833年まで発行された金エスクードの種類は下記の通りです。

額面 直径 重量 品位
½ エスクード 15mm 1.5g 0.875
1 エスクード 18mm 3g 0.875
2 エスクード 22mm 6.5g 0.875
4 エスクード 31mm 13.5g 0.875
8 エスクード 38mm 27g 0.875

1864年~1869年にはエスクードと共に流通していたレアルをエスクードに置き換え統一するために銀エスクードがイザベラ2世により導入され、1エスクードを100サンチームとみなして細分化されました。

この時代に新たに流通したコインは下記の通りです。

  • ½ サンチーム(銅)
  • 1 サンチーム(銅)
  • 2½ サンチーム(銅)
  • 5 サンチーム(銅)
  • 10 サンチーム(銀)
  • 20 サンチーム(銀)
  • 40 サンチーム(銀)
  • 1 エスクード(銀)
  • 2エスクード(金・銀)
  • 4エスクード(金)
  • 10エスクード(金)

2エスクード硬貨に関しては金貨・銀貨の両方が発行されています。

1868年にはエスクードに代わってペセタが導入され、1999年にスペインの通貨がユーロに置き換わるまではペセタが発行されることとなりました。

スペイン コインとナポレオン一族

スペイン ナポレオン コイン

ナポレオン一族のコインはアンティークコインの中でも人気の高い収集テーマです。

限定的な期間ではありますがナポレオンはヨーロッパを支配し、一族を周辺諸国の王にした上で通貨や記念コインを発行しました。

スペイン王国の王になったのがホセ1世ことジョゼフ・ナポレオンであり、在位期間は1808年~1813年ですがレアル金貨・銀貨が発行されています。

基本的にナポレオン本人のコインはフランスで発行されていますが、周辺諸国を支配した歴史的背景からナポレオン一族のコインはスペインを含む他の国でも発行されているのです

ナポレオン一族のコインは国の垣根を超えて発行されているので、収集しがいのあるテーマとなっています。

ナポレオン一族のコインについて詳しく知りたい方はこちらの記事をチェックしてください。

ナポレオン一族の金貨を含めたおすすめアンティークコイン8選!

スペインの希少性の高い金貨5選

それでは、アンティークコインジャーナル編集部が厳選するスペインの金貨は下記の通りです。

  • フェルディナンド7世 4エスクード金貨 1820年
  • フェリペ5世 8エスクード金貨 1723年
  • アルフォンソ13世 100ペセタ金貨 1897年
  • イザベラ2世 10エスクード金貨 マドリード鋳 1868年
  • ジョゼフ・ナポレオン 320レアル金貨 1810年

それぞれ詳しく見ていきましょう。

フェルディナンド7世 4エスクード金貨 1820年

フェルディナンド7世 4エスクード金貨 1820年 フェルディナンド7世 4エスクード金貨 1820年

発行国 スペイン
発行年 1820年
額面 4エスクード
グレード AU58
直径 31mm
重量 13.5g
品位 .875
発行枚数 不明
状態 EF(極美品)

フェルディナンド7世は、カルロス4世マリア・ルイザの間に生まれ、ナポレオンが台頭した時代のスペイン王でした。

フェルディナンド派を結成し、ナポレオンに友好的な態度を取りましたが、バイヨンヌ会議でナポレオンに退位させられ、一度は王位の座を退くこととなります。

ナポレオンがライプツィヒの戦いで失脚したことでナポレオンの兄ジョゼフも亡命し、1814年に再び即位することになりますが、こちらの金貨はフェルディナンド7世が再び即位した後に発行された金貨です。

表面にはフェルディナンド7世の右向き肖像、裏面にはエスクード金貨を象徴する縦の紋章が描かれます。

フェリペ5世 8エスクード金貨 1723年

フェリペ5世 8エスクード金貨 1723年 フェリペ5世 8エスクード金貨 1723年

発行国 スペイン
発行年 1723年
額面 8エスクード
グレード XF Details
直径 38mm
重量 27g
品位 .875
発行枚数 不明
状態  -EF(美品)

スペイン継承戦争を経て47年間スペイン王として在位したスペイン・ブルボン朝の最初の国王フェリペ5世の時代に発行された8エスクード金貨です。

今から300年ほど前に発行され、鋳造はアンダルシアのセビリア造幣局であり、大型金貨で見栄えがよく希少価値の高いコインになります。

表面にはスペインの国章に王冠が描かれ、裏面には縦の紋章が描かれています。

アルフォンソ13世 100ペセタ金貨 1897年

アルフォンソ13世 100ペセタ金貨 1897年 アルフォンソ13世 100ペセタ金貨 1897年

発行国 スペイン
発行年 1897年
額面 100ペセタ
グレード UNC
直径 35mm
重量 32g
品位 .900
発行枚数 150,000枚
状態 EF+(極美品)

アルフォンソ13世は約45年と在位期間が長く、幼少の頃に即位したため、肖像のタイプが大きく分けて5タイプありますが、今回ご紹介するコインは少年像です。

1897年銘のこのコインは1961年と1962年に1897年銘の金型を使用してリストライクの発行をしており、それぞれ810枚、6,000枚と発行枚数が少ないですが、オリジナルの1897年銘は150,000枚と発行枚数が多いにも関わらず、カタログ評価額は1897年のオリジナルの方が高いです。

1931年に自治体選挙の結果で王権維持が難しくなり、アルフォンソ13世は国外へ亡命したことで、発行されたコインは次代の支配者に多数回収・溶解されたことが推察されています。

実際に現存しているコインが歴史的な背景から非常に少なくなっていることが、発行枚数が多いにも関わらずオリジナルのほうが希少価値を持つ理由です

イザベラ2世 10エスクード金貨 マドリード鋳 1868年

イザベラ2世 10エスクード金貨 マドリード鋳 1868年 イザベラ2世 10エスクード金貨 マドリード鋳 1868年

発行国 スペイン
発行年 1868年
額面 10エスクード
グレード
直径 22mm
重量 8.39g
品位 .900
発行枚数 不明
状態

フェルナンド7世とマリア・クリスティーナの長女として生まれ、フェルナンド7世が死去して3歳で王になりました。

スペインではこれまで女系継承を禁じるサリカ法がありましたが、イザベラ2世が生まれた年にこれを廃止しています。

表面にはイザベラ2世の左向き肖像、裏面にはスペインの紋章が描かれていますが、裏面の下に描かれた星の形でどの造幣所で発行されたコインであるかが分かり、マドリード造幣所で製造されたものです。

ジョゼフ・ナポレオン 320レアル金貨 1810年

ジョセフ・ナポレオン 320レアル金貨 1810年

発行国 スペイン
発行年 1810年
額面 320レアル
グレード AU53
直径 36mm
重量
品位
発行枚数  64,000枚
状態 準未使用品

ナポレオンの兄ジョゼフ・ナポレオン(ジョゼフ・ボナパルト)ことスペイン王ホセ1世が即位した際に作られた320レアル金貨です。

ジョゼフによる治世は、スペイン古来の貴族であるブルジョワジーの支持を得た上で、ナポレオンによる支配に反対するゲリラとの和解を目指すものでした。

ジョゼフは文治政治を摂ろうとしましたが、ナポレオンは武断政治を要求し、スペインの内政にも大きく介入したため、結果的にジョゼフは支持を失うこととなります。

表面にはジョゼフの左向き肖像が描かれており、在位期間が短く発行枚数が少ないことから貴重な金貨です。

ジョゼフ・ボナパルトについて詳しく知りたい方はこちらの記事をチェックしてください。

ジョゼフ・ボナパルトのアンティークコインを2種類紹介します!

スペインの銀貨3選 厳選したコインを紹介

次に、スペインの銀貨についても厳選して紹介します。

  • イザベラ2世 20レアル銀貨 マドリード鋳 1837年
  • イザベラ2世 20レアル銀貨 マドリード鋳 1850年
  • ジョゼフ・ナポレオン 20レアル銀貨 1810年

イザベラ2世 20レアル銀貨 マドリード鋳 1837年

イザベラ2世 20レアル銀貨 マドリード鋳 1837年 イザベラ2世 20レアル銀貨 マドリード鋳 1837年

発行国 スペイン
発行年 1868年
額面 20レアル
グレード PF62
直径 37mm
重量 27g
品位 不明
発行枚数 不明
状態 Proof UNC(完全未使用)

イザベラ2世の肖像が描かれたプルーフ銀貨で、正確な発行枚数は分かっていませんが、この時代のプルーフ貨の発行枚数は10枚以下といわれているため大変希少なアンティークコインです。

表面にはイザベラ2世の右向き肖像と「神の恩寵と憲法によるイザベラ2世」という意味の文章が刻まれています。

市場にもほとんど出回ることがない非常に希少な銀貨です。

イザベラ2世 20レアル銀貨 マドリード鋳 1850年

イザベラ2世 20レアル銀貨 マドリード鋳 1850年 イザベラ2世 20レアル銀貨 マドリード鋳 1850年

発行国 スペイン
発行年 1868年
額面 20レアル
グレード PF63Cameo
直径 37mm
重量 27g
品位 不明
発行枚数 推定10枚以下
状態 Proof UNC(完全未使用)

こちらもイザベラ2世の1850年に発行されたデザインの異なるプルーフ貨の20レアル銀貨です。

イザベラ2世は3歳に即位したため、デザインの種類が豊富なことが特徴になります。

ジョセフ・ナポレオン 20レアル銀貨 1810年

ジョセフ・ナポレオン 20レアル銀貨 1810年

ジョセフ・ナポレオン 20レアル銀貨 1810年

 

発行国 スペイン
発行年 1810年
額面 20レアル
グレード AU58
直径 39mm
重量
品位
発行枚数  993,000枚
状態 準未使用品

先ほど紹介した320レアル金貨と共に発行された20レアル銀貨であり、金貨よりも発行枚数も発行期間も長く購入しやすい銀貨となっています。

表面にジョゼフの左向き肖像画描かれているのは金貨と共通していますが、肖像のデザインが異なります。

スペインのアンティークコインに関するよくある質問

スペインのアンティークコインに関するよくある質問をまとめました。

  • スペイン金貨のミントマークの見分け方は?
  • スペインの金貨・銀貨を購入・買取をするならどこがおすすめ?

スペイン金貨のミントマークの見分け方は?

スペインの金貨は王立スペイン造幣局の元となるマドリード造幣所以外でもさまざまな造幣所で作られていました。

19世紀から20世紀にかけては、造幣所を見分けるミントマークが描かれるようになり、星がデザインされています。

コイン裏面に描かれた星の頂点の数でどの造幣所で製造されたのかを判断できるようになっています。

頂点の数と造幣所の早見表について下記にまとめました。

造幣所 星の頂点の数
セゴビア 3
ジュビア 4
マドリード 6
セビリア 7
バルセロナ 8

今回紹介したイザベラ2世の10エスクード金貨には頂点の数が6つの星が描かれているので、マドリード造幣所で製造された金貨であることが分かります。

発行した造幣所が異なってもデザインがまったく同じ金貨も存在しているため、裏面の星のデザインだけが異なる非常に細かな違いによって種類が区別されることになります。

スペインの金貨・銀貨を購入・買取をするならどこがおすすめ?

スペインの金貨・銀貨の購入は、コイン業者、オークションサイトなど様々な場所で行えます。

しかし、購入したコインの買取も将来的に依頼したいと考えている場合は、購入する場所を選ぶことが重要です。

コインの購入から買取までサポートしてくれる業者をえらぶことをおすすめします。

当サイト「コインライブラリー・プリンシパル」では、コインの購入から購入したコインの預かりと将来的な現金化に対応しており、アンティークコイン投資を始めるのにも適しています。

また、当サイト以外で購入したコインの鑑定と買取も実施しており、当サイトにコインを出品することもできるので詳しくはこちらのページを参照してください。

まとめ

スペインのアンティークコインを紹介し、その歴史と価値について解説しました。

歴史も古く希少価値が高く、コレクターからも人気があるコインが複数存在するため、価値の上昇に期待してコインを保有するのもよいでしょう。

自分の目的に合わせてスペインの金貨・銀貨の保有を検討しましょう。

スペインのコインを購入・売却する

紹介したコイン

  • スペイン

    スペイン フェルディナンド7世(1808-1833) 4エスクード金貨 1820GJ Fr31 KM484 NGC AU58 (EF)

    170,000円(消費税込)

    ※手数料を別途頂戴いたします。

  • スペイン

    スペイン イザベラ2世(1833-1868) 20レアル銀貨 1837 CR マドリード鋳 Dav331 KM579.1 NGC PF62 (Proof UNC)

    SOLD OUT

    ー 円

  • スペイン

    スペイン ジョセフ・ナポレオン(1808-1814) 20レアル銀貨 1811(M) Dav308 KM551.2 (UNC)

    210,000円(消費税込)

    ※手数料を別途頂戴いたします。

  • スペイン

    スペイン フェリペ5世 (1700-1746) 8エスクード金貨 セビリアミント 1723 Fr247 KM315 NGC XF DETAILS SCRATCHES (-EF)

    SOLD OUT

    ー 円

  • スペイン

    スペイン イザベラ2世(1833-1868) 20レアル銀貨 1850 マドリード鋳 Dav333 KM593.2 NGC PF63CAMEO (Proof UNC)

    SOLD OUT

    ー 円

この記事の著者

アンティークコイン ジャーナル編集部

英国王室シリーズから古代コインまで、幅広い年代のコインの紹介だけではなく、試鋳貨、造幣局による違い、彫刻家、リストライク、などアンティークコインの魅力や楽しめる知識をフラットに情報提供している。編集長は、英国王室コインと、動物コインシリーズが好き。

アンティークコイン ジャーナル編集部

関連コラム