年明け第一弾!楽天証券新春講演会に参加してきました!

2020年最初のイベントとして、1月11日(土)楽天証券主催にて開催されました、「楽天証券新春講演会」にて、
クレア・ライフ・パートナーズ(以下、CLP)も前回に引き続きIFA部門としてブース出展をいたしました。

参加者は過去最多の4,300人越えと、年明けから資産運用に対する関心の高さを表しているようです!
非常に盛り上がりをみせたイベントをご報告したいと思います。

ブースは入口すぐそば!お迎えの準備はバッチリです。

 

例年、パシフィコ横浜で開催される本イベントは著名人のお話を聞きに、各地から多くの方がご来場されています。
(さすが横浜。一歩、外に出るとすぐ目の前に海が広がる素敵な場所でした)

今年は経済財政政策担当大臣などを歴任した竹中平蔵さんや、TVニュースなどに多く出演されている堀古英司さんなどが基調講演として、相場や日本経済についてお話をされました。

イベントは9:30受付スタート予定でしたが、開場前に長蛇の列ができ、
繰り上げスタートをするほどの熱狂ぶりでした!
CLPもブースでお客様をお迎えすべく、朝早くから準備に勤しんでおりました。

開場直後、続々と入場されるお客様にショップカードをお配りして、
少しでも記憶に留めてもらおうとお声がけしました!
(どの会社よりも目立った自信はあります!笑)

 

気になる皆さんの運用状況は・・・?

 

CLPのブースでは、アンケートを実施し運用歴や投資目的、運用商品などをお聞きしました。
中には運用歴20年以上のベテランさんから「昨年から始めました!」など幅広い皆様がいらっしゃり、株や債券・投資信託などをメインで運用されているようです。


昨年の運用成績は株高も寄与し、多くの方が資産を増やしたようですが、株や信用取引で過去に大きな損失を経験し、「やっと戻ってきた、、」など厳しいお答えもありました。

そんな中で、CLPのサービスや取り扱いジャンルの広さに驚かれる方も多く、
コアとサテライトに分ける「目的別分散」や、実物資産と金融資産を合わせて持つ「多極分散」の考え方は多くの方に共感をいただきました。

ブースの前では多くの方が足を止めて話を聞いてくださいました。強力な助っ人として、
楽天証券の方にもCLPのサービスを広めていただきました!ありがとうございます。

今後IFAという存在は広がっていく

資産運用について、「アドバイザーを持つ」という考え方は徐々にではありますが、
今回のイベントで広まってきているように感じました。

前回に引き続き、楽天証券様にこのようなイベントにお声がけいただいたことを嬉しく思うと同時に、多くの方へこのような機会を通して弊社の方針を知っていただけたらと思っております。

これからも皆様の資産運用のサポートをさせていただければ幸いです。

ご協力・ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。

ページの先頭へ戻る