生き抜く力を共に創る

かつてないグローバル化やテクノロジーの進化によって
2、3年後の未来でさえ曖昧で不確かなこの時代。
いまある資金や金融商品もどうなるか、想像もつきません。

お金の教育をしてこなかった日本人にとって
そんな未来の変化に直面したとき
どう判断するか、どれを選ぶか、はとても難しいものです。

お金は増やすものでもなく、蓄えるものでもなく、
上手に付き合うもの。
いま使いたいお金、
20年後に使いたいお金、
50年後に使いたいお金。
どんな未来が訪れても、お金の不安を感じることなく
自分らしく幸せな暮らしを送るために
必要なのは、お金へのリテラシー。
一人ひとりがいまから、お金への自信を身につけることです。

それが、生き抜く力。

常に行動する習慣と、自分で選択できる感性。
その力をお客様に磨いてもらうことが、私たちの使命なのです。

ライフマネートレーナーとして
一人ひとりの人生に寄り添い、
ライフマネーセンスを育てることで
より豊かな未来を共に創造していきたい。

私たちは、クレア・ライフ・パートナーズ。

株式会社クレア・ライフ・パートナーズ 代表取締役社長/工藤 将太郎

株式会社クレア・ライフ・パートナーズ
代表取締役社長

工藤 将太郎 Kudo Shotaro

すべては、お客様にとって
あるべき姿の実現のために。

資産運用はいま、変化のときを迎えています。誰もがインターネットで情報を入手でき、金融商品を買うことからサービスを選ぶ時代になりました。それは同時に、消費者が「何を信頼するか」の時代でもあります。あらゆる魅力的な広告のどれを信じればいいのか。AIは自分のライフプランまで考えてくれているのか。きちんと免許や資格をもった事業者なのか。いろいろな失敗や嫌な体験をした方も多いと思います。

お客様にとって、理想のサービス。それは、一人ひとりと、心の底から寄り添うこと。そのために、私は社員を歩合で評価することをやめ、商品の販売という意識を持つことなく、お客様の利益だけに向き合える環境をつくりました。パートナーも、私たちの理想の考えに共感してくださる事業者だけを選んでいます。もちろん、コンサルフィーや顧問料をいただくわけですから、期待以上のサービスでなければいけません。お客様との距離感を大切にし、一人の人間として信頼関係を築き、そして、一緒に悩む。お客様の将来のために、私たちだからできる、理想のサービスを追求し続けています。

私が20代のころ抱いていた夢は、世界一周旅行。明確な将来への対策ができていたからこそ、貯金を切り崩す決断ができ、夢を実現することができました。資産運用で重要なのは、時間です。100%納得してから始めようと考えていては、いつまでもスタートできません。漠然とした不安があるなら、行動をひとつ起こすだけで、見える世界が変わってきます。ぜひ、若いうちから一歩踏み出して、自分の夢や人生の可能性を広げ、より人生の質の向上に役立ててほしいと思います。

Career
1983年 大分県大分市生まれ
2002年 大分県立大分豊府高校(野球部) 卒業
2004年 福岡カレッジオブビジネス専門学校 および 近畿大学短期大学部通信学科 卒業
2006年 西南学院大学 経済学部経済学科 卒業
2006年 日本生命保険相互会社 入社
2011年 株式会社クレア・ライフ・パートナーズ 創業
2013年 香港法人 CLP international Ltd. 設立
2014年 株式会社リアナシティ 代表取締役 就任
License
プライマリープライベートバンカー(日本証券アナリスト協会)/相続診断士(相続診断協会)
宅地建物取引主任者/AFP(日本FP協会)/生命保険・損害保険資格各種 /福利厚生管理士
Background
日本生命にて、外資系金融機関(証券・銀行・投資顧問)や、学校法人の確定拠出型企業年金、弔慰金制度などの福利厚生制度の構築に従事。企業の人事部だけでなく、財務部や各営業セクションとのRMに注力する。
“なぜ日本人は生命保険ばかりに偏るのか?”という疑問を持ち、自身で将来対策法を実践。不動産投資や海外投資、必要最低限の生命保険活用を通して、“マネーパズル®”や“ハイブリッドプランニング®”など独自のノウハウを確立し、2011年に株式会社クレア・ライフ・ パートナーズを創業する。
従来の“保険の提案だけ”のプランニングとは異なり、「効率の良い資産配分」「早期対策の有効性」「行動することの必要性」を組み込み、20代30代の若手サラリーマンから共感を得る。現在は、多くの人々が思い描く将来を効率的に実現してほしいと考え、書籍の出版などを通じて、その必要性を発信している。
ページの先頭へ戻る