Customer Chart
お客様構成

ライフマネーセンス提供サービスは、資産運用経験、現在の資産、
家族構成、年齢問わずご利用いただけるサービスです。

年代

男女比

単身・家族

年収分布

資産規模

資産運用歴※ご相談来社時点で

※2019年2月時点

Case Study
事例のご紹介

CASE01 漠然とした不安が消え、
周りと一歩差がついた感覚になりました

31歳/男性/独身

年収 |730万円

貯蓄 |620万円

金融経験 |初心者

ご相談内容

  • 知人に勧められるがままドル建ての終身保険に入っているが、見直したい。
  • 不動産の営業は受けたことがあるが、売って終わりな感じがあり気が進まなかった。
  • 結婚も近くするので、子供の教育費なども効率的に準備していきたい。

ご提案内容

  • 生命保険と不動産で重複していた保障を削減
  • 不動産は「老後の資産形成」と目的を明確にし、所得税と住民税の節税も実施
  • 浮いたお金を運用資金へ回し、50歳で給与以外の収入20万/月確保を計画
保険料
44万円削減(年)
節税(所得・住民税)
30万円以上(年)

CASE02 こんなに効率的に資産運用ができるなんて。
安心とワクワクでいっぱいになりました。

32歳/女性/独身

年収 |550万円

貯蓄 |1000万円

金融経験 |初心者

ご相談内容

  • お金を貯めることが好きで実家暮らしで家賃分を貯金。
  • 1,000万円まで貯めた事と、年齢的なことも踏まえて貯金以外のことも考えようと考えてご来社。
  • 今後一人暮らしを考えており、引越し後のお金のやりくり踏まえて将来資金計画を希望。

ご提案内容

  • 会社の就業規則と照らし合わせて、保障の確認
  • ある程度の変動のある商品についても前向きに検討して頂いたので複数の商品を出口の年数を分けて運用。すぐに使う目的のない余剰資金については、ご不安に思われていた将来のお子様の教育資金や老後資金のための運用に変更。
  • 不動産投資を活用し、節税をメリットを受け取りながら浮いた金額をさらに運用へ
保険料
6 万円削減(年)
節税(所得・住民税)
30万円以上(年)
貯金1000万円
4 割を中長期の運営へ組換え

CASE03 自分では気づかないムダをなくすだけでも、
十分将来対策はできました

27歳/女性/独身

年収 |400万円

貯蓄 |0万円

金融経験 |初心者

ご相談内容

  • なぜかお金が貯まらなくて、クレジットカードの明細に毎回驚く。
  • 将来のことを考えると、そろそろ何かしないとと感じているが、手元にまとまったお金もないので、どうしたらいいか分からない。

ご提案内容

  • 収支の見直しで、支出の管理と浪費のあぶり出し
  • 毎月数万円から投資信託の積立で投資を開始
  • 保険は重大疾病に備えて、保障を手厚く準備
運用資金
5万円確保(月)
分散投資
円とドル、国内外への分散

CASE04 家族を守るためには、知識と経験が必要。
今知れて良かった。

ご夫婦/夫35歳/妻33歳
子3歳

年収 |旦那様600万円 奥様500万円

貯蓄 |400万円 ※内運用300万円

金融経験 |初心者

ご相談内容

  • 日々のお金の捻出に計画性が無いため、計画性のある貯蓄をしたい
  • 今の状態では子供の将来が大変不安
  • 夫婦でお金についての知識は低いため、高めていきたい

ご提案内容

  • まずは生命保険で万が一の際に向けての備えを優先的にご提案で、生命保険で病気への備え、死亡保障は保険と不動産投資を活用しながらプランニング
  • 貯蓄の仕組みをつくるために、銀行口座やクレジットカードの整理整頓をしてから、銀行と海外かつインデックス投資を活用して利回り保証のある商品を活用して貯蓄の仕組みをご提案
不動産収入
20万円分(年プラス)
節税(所得・住民)
20万円以上(年)
運用資金
24万円確保(年)
生命保険料
6万円削減(年)

CASE05 海外に目を向けると知らない世界が。
本当の資産運用がそこにありました。

ご夫婦/夫29歳/妻29歳
子なし/共働き

年収 |旦那様700万円 奥様600万円

貯蓄 |1,500万円(夫婦合算)

金融経験 |有価証券運用あり

ご相談内容

  • 株式や投資信託を何年もやっているが、売買タイミングの基準が不明確で資金を増やすことが出来ていない。
  • 使途不明な支出が多く、計画的な投資ができない。税金も高いと感じているので節税を行いたい。
  • 海外の投資商品に興味があるが、ネットや書籍では情報が少ないため正しい知識を得て投資したい
  • 子供が現状おらず、資金に余裕があるうちに、将来対策や資産形成を実施しておきたい。

ご提案内容

  • 投資信託は保有期間や目的を明確にし、リスク許容度に合った銘柄選定を行う
  • 年間投資計画の立案と、所得減少効果の投資商品や社会保障制度を活用し、節税を実施
  • 国内外の様々な商品について、メリットデメリットのご説明を行い、信用度の高い海外金融機関をご紹介
不動産収入
60万円分(年プラス)
運用利益
14万円確定(年)
節税(所得・住民)
40万円以上(年)

CASE06 資金がなくても資産運用はできると教えてもらえた。時間が最大のメリット。

21歳/男性/学生

年収 |110万円(アルバイト)

貯蓄 |25万円

金融経験 |初心者

ご相談内容

  • 来年から社会人になるので、色々な分野のお金の知識をつけて効率的に資産形成をしたい
  • 資金が少ないうちからもでも何か出来ることがあればやりたい
  • 35歳までに資産運用を終え、その後はお金に縛られない、悠々自適な生活を送りたい

ご提案内容

  • 国内外のあらゆる金融商品、実物資産の情報提供と資産運用の勉強方法をご紹介
  • 急な出費に備えるため、流動性の高い有価証券へ毎月少額の積立投資を実施
  • 生命保険や損害保険は最小限にし、余剰資金を外貨と円貨で為替リスクをヘッジした15年運用計画を立案
資金
将来に約2,000万円の財源確保
為替
為替リスクのヘッジ
15年後
リタイア計画に向けた施策

CASE07 安心して本業に集中できるのは、不測の事態への備えも十分に検討してくれたから

43歳/男性/独身

年収 |800万円

貯蓄 |700万円 ※うち運用100万円

金融経験 |投資経験有り

ご相談内容

  • 独立と同時に自身でお金の管理をするために株や投資信託の勉強をしたが、本業に忙しく勉強が進まないため、プロの意見を聞きながら勉強したい。
  • コンスタントな収入がないため、将来が不安。何にどのような対策を取るべきか分からない。しかし、いずれ法人化も考えているため、とにかく今は資金を貯めたい。
  • 節税がしたいが、どんな商品を個人事業主として仕事をしている自分ができるのか分からず毎年不安な思いをしている。

ご提案内容

  • コンスタントな収入があるわけではないため、積立の資産運用ではなく一括投資で海外不動産やファンドラップを活用して短期的な運用でご資産拡大を図っていく。
  • 福利厚生が無い分、国内不動産投資を取り入れて生命保険や老後対策をしながら税金対策も加えて備えを大きくしていく。
  • 生命保険を活用して、大きな病気やケガへの備えと退職金の代わりにもなる保障をご提案
利回り
20%以上(年利)
実物資産の形成
3,000 万円分
余剰資金
36万円以上増加(年)

CASE08 子供達のために最適な相続プランを作り、安心して老後を迎える準備ができました。

ご家族/夫63歳、妻60歳
子32歳、孫2歳、母94歳

年収 |2,200万円

金融資産 |3,450万円

金融経験 |初心者

投資用不動産 |2区分

ご相談内容

  • これまでお金の勉強をしてこなかったので、グローバルに幅広く金融商品の知識を得たい。
  • 65歳退職後にセカンドライフを楽しむ為の資金準備として資産運用を行いたい。
  • 親からの相続、子どもや孫への相続・贈与を効率的に行いたい。

ご提案内容

  • 35年前に加入した生命保険を見直し、万一の介護に備えての保障を追加。
  • 流動性の高く運用リスクの低いヘッジファンドを取り入れ、期間にしばられない方法で休眠資金を活用
  • リスクバランスを考え短期で積極的にリターン
  • 海外インデックス投資とドル建ての保険を活用し相続対策を行う
保険料
32万円削減(年)
運用利率
0.001%(預金)▶2.85
(安定運用分)
相続対策
完了

CASE09 本当の資産運用手法を知り、
全てを任せられる存在と出会えました

57歳/女性/会社経営者

年収 |1,600万円

貯蓄 |64千万円

金融経験 |中級者

ご相談内容

  • 証券会社の方に任せっきりで、売買を繰り返し約7,000万円損失が出た分をリカバリーしたい
  • 資産に偏りが見られる為、適切な資産配分を再検討したい
  • 子ども達にしっかりと資産を残せるように今から対策を行いたい

ご提案内容

  • 株式割合80%を25%まで下げ、リスクバランスを改善
  • 不動産を取り入れ、団信を活用した保障強化と老後資金の形成を行う
  • 就労不能リスクに備え、資産性のある保障をプラス
生活費
52万円削減(年)
節税効果
122万円(年)
贈与対策
完了
ページの先頭へ戻る