結婚や出産など女性の将来に柔軟に対応してくれる、頼もしいパートナー。

  • Name... 高木香織様
  • Age... 30
  • Work... 大手エンターテイメント企業事業

インタビュー

老後に対する不安から、資産形成を考え始めた。

―CLPと出会ったきっかけを教えてください。

私は一人娘なので、30歳が近くなった頃から、両親が亡くなったら自分の老後は大丈夫だろうか、と考えるようになってきました。今の社会情勢からすると、老後に年金がいくらもらえるか、とても不安。私は未婚ですが、将来、結婚したとしても、夫の給料だけで暮らせる保証もない。貯金が得意ではないこともあり、株などを運用してちゃんと将来に備えておいた方がよいのではないかと考え、いろいろ調べていたところ、偶然、CLPのセミナー案内を見つけました。とりあえずセミナーで話を聞いてみようかなと思ったのが、CLPとの出会いです。

将来設計に変化があっても対応する、という言葉が心強かった。

―CLPを選ぶ決め手となったのは、どんなことですか?

参加したセミナーの印象がとてもよかった、というのが大きいです。セミナー会場はきれいだし、お会いした方が皆さん素敵で、フレッシュで信用できそうな会社だと思いました。
当時、私は生命保険にすら加入していなくて、資産形成に関する知識がほとんどなかったので、セミナー内容も勉強になりました。特に印象に残ったのが、保険と外貨と不動産という3本柱で運用ができるということ。不動産会社、生命保険会社、というように別々の会社に聞きに行くとなると、時間の捻出が難しい。CLPであれば、まとめてお話が聞けるのはありがたいと思いました。

資産とともに将来のことを考えるパートナー

また担当してくださった石川さんから「女性は結婚するしない、出産するしないで、将来設計が大きく変わってきます。そういう時にも、一緒に最善の方法を考えさせていただきます」とおっしゃっていただいたのも、心強かったです。資産とともに将来のことを考えるパートナーとして一生のお付き合いができると感じました。


―現在の保有商品と、それに決めた理由を教えてください。

生命保険、国内不動産、外貨積立投資です。基本的には、石川さんのアドバイスを大切にしています。分からないところは何度でも聞いて、納得してから購入しています。石川さんとは少なくても月に1回、多いときには月に2,3回、会っています。LINEでもやりとりができるので、ちょっとでも気になることがあればすぐ質問しています。

資産形成や運用の知識は、誰にとっても必要だと思う。

―資産形成や運用に踏み出せない人に、アドバイスをお願いします。

同世代には「資産のことなんて、まだ大丈夫」という人が多いのですが、ためしに「年金をもらい始める65歳から死ぬまでにいくら必要か知っている?」と聞くと、だいたいは答えられない。最近は友人や知人に、もう少し真剣に老後のことを考えた方がいいよと伝えています。
私は資産形成や運用を始めたことで、不動産のニュースが気になったり、株価に敏感になったりしてきました。CLPとのお付き合いは、こうしたことに興味を持つきっかけになりました。この低金利の時代、貯金をしていてもほとんど意味はありませんから、自分の大切なお金のことを考えると、資産についての知識が増えたのはよかったと思っています。既婚や未婚、女性だから、男性だからということに限らず、こうした知識は早めに持っておくべきだと思うので、それを学ぶためにも、CLPのような信頼できるアドバイザーの元で資産についてのコンサルティングを受けてみることをおすすめしたいですね。
ページの先頭へ戻る