自分だけでは出口が見えないお金のこと。相談したことによって今後の人生目標への道筋が見えた。

  • Name... 小笠原剛志様
  • Age... 50
  • Work... 株式会社エクスプラウド

インタビュー

会社と個人、この先のお金の運用を考えた時に知人が紹介してくれた

-CLPを選んだきっかけは何でしたか?

経営している法人の保険契約が終了し、この先どうやってお金を運用していこうかなと思っていた時に信頼する知人からクレア・ライフ・パートナーズ(以下、CLP)を紹介してもらったことがきっかけです。
ここだと、法人も個人も両方見ていただけるとのことだったので、お任せしました。

元々、個人としてアプリでの投資を少しやっていました。
何も考えずにできるので、良いなと思ってやっていましたが1株ずつ色々な株式に投資していたため、送られてきた決算報告書がすごい数で驚きました…
自分が何に投資して、どんな結果が出ているのかはわかるのですが、これって意味があるのかな?と思い始めていた矢先で、相談できる方がいればいいと思ったタイミングでもありました。

相談する前までは会社の保険も入りすぎていて収集がつかなくなっていました。
自分で考えても出口が見えない状態だったので、会社と個人両方を全体的にプランニングしてもらったことでとても勉強になりました。

-実際に運用を始めてみてどうでしたか?

相談の段階で長時間かけてリスクを含め説明をしてくださった上での自分の判断なので、そんなに不安はありませんでした。

ここ1年くらいは会社で海外事業も手がけており、投資のお話をしていく中で海外投資にも興味が出てきました。
ただ、日々運用について考えると気持ち的に続かないので、構えてみて何か困ったことがあったらCLPさんにすぐ相談しようと思っています。笑

公私にわたり良きパートナーでありアドバイザー

-今後CLPは小笠原さんにとってどういう存在になって欲しいですか?

時代に沿った商品を紹介してくれる良きパートナーでありアドバイザーになって欲しいですね。
今回始めた運用で全てがうまくいくのがベストですが、そうはいかないものなので、今後はライフイベントや経済状況によってアドバイスをもらったり、運用先を切り替えるアドバイスを頂きたいなと思っています。

-資産運用を通して実現したいことなどありますか?

ここ5年くらいで今のポジションを引退しようと考えているので、不労収入で暮らしていくことが目標です。
この目標は最初の段階で聞かれていましたので、担当の長谷川さんにお伝えしていました。
その上で、プランニングを出して頂いたので、非常にわかりやすかったです。
それに沿った運用準備をしているので、誰よりも早く引退したいです。笑

リスクばかり考えるのではなく、タイミングが来た時に知識のある人に相談して欲しい

-資産運用をためらっている方へ一言お願いします。

自分もそうですが、仕事をして稼いで、貯金することが一番だと思っていました。
ただ、今ではそうとはいかず、経済状況も見ないといけない世の中に変化してきましたし、法人ですと利益をどう運用していくかということも考えないといけないと思っています。

そもそも、自分は運用って保険しかないと思っていました。
担当の長谷川さんには様々な商品を教えていただきましたが、もちろんリスクも考えて動かないといけません。実際に聞いて納得した上で始めたいなと思ったタイミングで従えば良いと思います。
実際に仲の良い友人にもお金の相談はしづらいものですし、儲け話程、落とし穴があると思っていますので。笑
CLPは物売りの会社ではないのも伝わりますし、みなさんがそういった姿勢を持っていることがわかりますので安心して任せられる会社ですよ。
ページの先頭へ戻る