時代が変われば、生活様式も変わる。それに備えるための資産運用 。

  • Name... 東景子様
  • Age... 56
  • Work... サービス業

インタビュー

老後は年金だけで暮らせる、資産運用は縁のないものだと思っていた

-ご相談のきっかけは何でしたか?

年金支給の年齢が近づいてきて、親と同じように年金で暮らしていけると思っていました。
老後2,000万円問題もありましたが、それほど備えなくても大丈夫だろうと思っていたので、もともと資産運用は自分には縁のないものだと思っていました。

ですが、日々ニュースを見ていると徐々に自分は何も対策しないままで良いのだろうかと思うようになりました。
時代が変化していくのであれば、親と同じように構えているだけではいけない、考え方や方法も変化していかなければならないのではと思うようになり、資産運用を考えるようになりました。

保険会社や不動産会社に話を聞こうと思いましたが、単体商品を購入するのではなく資産運用そのものを大きな視点で検討したかったので、幅広い商品を提案してくれる会社を探していました。
その時にインターネットでクレア・ライフ・パートナーズ(以下、CLP)を見つけ問い合わせしました。

-実際にご相談してみていかがでしたか?

相談前に思い描いていた目的地にはまだ到着できていませんが、そこまでの道筋はなんとなく見えてきました。
私たちの世代からすると、退職金だけをアテにするのではなく資産運用をして、老後の人生のために備えていくというのはとても大切な考え方ですが、一歩踏み出して対策ができたことが、とてもよかったです。

若いうちからぜひ資産運用を始めて欲しい

-どの世代に資産運用を勧めたいですか?

私の子どもの世代、そしてこれから社会に出ていく世代の子たちには資産運用を始めることを勧めたいと思います。
老後と聞くと遠い未来のように感じるかもしれませんが、早いうちから行動しておく事と、何も対策をしないのでいるのとでは、大きな差がつくので、早めにぜひ始めて欲しいです。

同世代ですと、お尻に火がついて、まずいと思った時でないと動けないのが現状です。
ですので、退職時に退職金の使い方講座など、制度を整えて欲しいです。

今回、資産運用を開始して新しい収入という形で、資産運用が浸透していけば良いなと思いました。
もちろん資産運用だけに頼るのではなく、収入の選択肢の1つとしてであれば、資産運用の門戸も広がるのではないのかなと思いました。

時代にあった生活様式を受け入れ、未来に備えて行く

-最後に資産運用を検討しているが、一歩踏み出せない方へメッセージをお願いします。

今までの日本が歩んできた生活様式はこれからの未来には通じません。
その時代にあった生活様式へと変えていかなくてはなりません。

アメリカでは大学卒業後に、当たり前のように資産運用をしているというのを耳にして日本は遅れていると思いました。
時代はこんなにも昔と変化しているのに、老後の備えが昔と変わらないのはおかしいなと思っています。
実際、退職金をいざもらってみると、それまで余裕でその後の人生を暮らせると思っていても、案外使ってしまうものです。
その場になってみないとわからないことではありますが、そういう状況にも備え常に危機感を持って行動に移して欲しいと思います。
ページの先頭へ戻る