資産運用はプロに相談。CLPのサポートがあったから安心感を得ることができた。

  • Name... 佐藤賢人様
  • Age... 24
  • Work... 国家公務員

インタビュー

将来のことを考えた時に関心が湧いてきた

-クレア・ライフ・パートナーズ(以下、CLP)に相談したきっかけを教えてください。

インターネットで検索していたら、たまたまCLPを知ったことがきっかけです。ちょうど自分の現状や将来のことを考えていた時だったので、いろいろ話が聞けるのではないかと思い相談してみようと思いました。

-ご相談の中で、印象に残った商品などはございましたか? 

アンティークコインはコレクションしたら面白そうだと思いました。元々、資産運用は預金と株式投資をしておりまして、投資信託にも関心を抱きながら相談をしたのですが、投資信託以外にも、CLPでは今まで自分が知らなかった商品や知識も沢山教えていただきました。
また、これから自分がどのように資産運用をしていけば良いかまでご提案いただけたことなどが、印象に残っています。

-周りの方々と資産運用のお話しはされますか?

仕事の休憩の合間に先輩を含めて5人くらいで資産運用の話をしていますね。私は仲の良い先輩から株式投資や不動産投資のことを聞いて、自分も資産運用に興味を持ち始めたので、合間の時間は良い情報交換の場になっていています。
私たちの職場では、30歳半ばから下の年齢は若手になりますので、資産運用に関心がある人が多いのかもしれません。

将来のお金に関する不安が和らいだ

-ご相談の前後で、何か変わった部分はございますか?

将来どれくらいの資産が必要であるかが分かりました。その金額を目標にどうやって資産を増やしていけば良いか、また将来の構想が見えてきました。
ライフマネープランニング(以下、LMP)を実施したことで、将来の「安心」を得ることができたと思います。

-資産運用を継続していくなかで、叶えたい目標があれば教えてください。

家族で生活していくのに困らないくらいのお金があればいいと思っています。豪華な生活を望んでいる訳ではないので、お金の不安を感じることなく暮らしていくため、効率的な資産運用を行っていきたいです。

-ご自身の今後の課題はございますか?

検討中となっていた生命保険の相談をさせて頂く予定です。それまでに保険に関する知識を自分でも調べたりしてみて、生命保険の契約に向けて知識を備えておこうと思っております。

また、現職の定年退職は54歳、私が退職する頃には60歳くらいになる予定です。周りに比べて退職年齢も非常に早いですし、その年齢で再就職となると再就職活動も結構苦労すると聞いています。現職で再就職となると、これまで役職者だったのがいきなり一般社員になりますから、それが嫌な人もいるようです。

今の時代、退職金が老後の不安を解消できる程もらえる時代ではありませんので、今でも老後の不安は完全に払拭できた訳ではありません。引き続き相談を重ねて、将来の対策を立てていきたいと考えております。

まずは相談することから始まる。資産運用への第一歩

-今後、CLPに期待するサービスなどはございますか?

今のサービスで十分満足しています。担当の瀬川さんにはどのような質問に対しても適切に答えて頂けたので、相談している時も不安になることはありませんでした。

―資産運用の第一歩に不安を感じている方々へメッセージをお願いします。

まずはプロに話を聞くことから始めてみてください。相談するなかで自分に合った資産運用が見つけられると思いますので、そこから自分が納得すればやってみたら良いのではないでしょうか。CLPは分からないことに対して丁寧に話をしてくれますので、相談してみることをおすすめします。
ページの先頭へ戻る