投資はギャンブルではなく、将来への備え。 不安を持つよりも、まず一歩踏み出してみてください。

  • Name... 斎藤貴史様
  • Age... 27
  • Work... 公務員

インタビュー

知識ゼロから、不動産投資の勉強を始めた

―資産運用や不動産投資に興味を持ったきっかけを教えてください。

高校生の頃に先生からこれからの年金制度の話を聞いて以降、自分が年を取ったときに年金はきちんともらえるのか、生活はできるのだろうかと不安に感じていたので、資産運用には学生の頃から興味がありました。ただ、興味はあったものの、資産運用に関する知識が全くなかったので、社会人になってからも何から始めればよいのか分からず、動き出せずにいました。
そんな頃に、代表の工藤さんと出会い、資産運用についていろいろお話を聞いたことで、きちんとお金と将来に向き合おうと思いました。
とはいえ資産運用に関する知識がなかったので、講習会に行ったり自分で勉強したりして、ある程度知識がついたところで、不動産投資を始めてみました。その後は、CLPのサポートのもと、生命保険の加入もして、今ではまんべんなく将来対策ができ、不安も軽減されました。

話しやすさ、相談しやすさがとても安心する

―CLPを選んでよかった点はありますか。

何でも本音で話せるところだと思います。資産運用のことに限らず、自分の仕事の話や、そのときの悩みなど、色々な話をしていますね。ビジネスライクな付き合いだけではなく、友人のように近い関係性があることで、他の人には話しづらいお金の相談も気兼ねなくできます。

やってみて、そんなに難しく考えることはないと気付いた

―実際に資産運用をやってみて、始める前との変化はありましたか。

資産運用は確かにリスクもありますが、実際にしてみると、そこまで心配するほどのものではないと考えるようになりました。
資産運用の勉強はしても、一歩目が踏み出せず、いつまで経ってもできない人が多いのかもしれません。私も最初は何も分からないところから始め、半年間ほど勉強をしました。
そこで私が一歩目を踏み出せた理由は、CLPの後押しがあったからだと考えています。CLPで自分のライフプランとマネープランを構築でき、投資の際にもサポートしてくれていたので、心配なことはありませんでした。

何もやらないことの方が問題だと思う

―資産運用に興味はあるけれど、踏み出せないでいる人へアドバイスをお願いします。

未知のことですし、多額のお金を使うことなので、身構えてしまう気持ちも分かりますが、そんなに警戒しなくていいものだと思います。自分に合ったものを選べば、そんなにハードルが高いものではありません。リスクは確かにありますが、何もやらない方が私は問題だと思います。
資産運用に興味があるなら、身構えすぎずに、まず何か始めてください。CLPのみなさんのサポートは心強いので、リスクも最小限におさえてくれると思います。資産運用はギャンブルではなく、将来への備えです。不安を持つ必要はありません。
ページの先頭へ戻る