資産運用の可能性を広げていくための「学び」を得ることができた。

  • Name... 中村守様
  • Age... 39
  • Work... コンサルティング

インタビュー

CLPには自分が求めているサービスがあった。

―クレア・ライフ・パートナーズ(以下、CLP)を知ったきっかけを教えてください。

個人としての資産をどのように運用していこうか考え始め、生命保険会社や不動産会社、証券会社の方に相談をしていましたが、どうしても自身の商品を売りたいという「ポジショントーク」が気になっていました。そんな時、インターネットでCLPの存在を知り、サービス内容が自分の求めているものに近かったこともあり、まずは無料相談を受けてみようと思ったのがきっかけです。

―無料相談を受けた感想をお聞かせください。

商品のラインナップが多いことや個人に寄り添ってオーダーメイドで相談を受けてくれるところが、自分の求めていたものと合致しました。どのような考え方でどうやって資産運用を行えばいいかというところを答えてくれたので期待通りでした。
正直なところ、株式投資や投資信託などイメージがつきやすいもの以外の商品については、あまり知見がなかったためこれまでは説明を受けてもイメージがつきませんでした。
ですが、自分の資産形成を考えていく中で必要性を改めて感じ、本格的にライフマネープランニング(以下、LMP)を受けてみようと考えるようになりました。

LMPは理想の資産運用を行うための大切な準備期間。

―実際LMPを受けるにあたり、ご自身の一番の課題は何でしたか?

自身で事業を立ち上げてきた経験もあるため、資産運用の中心が株式投資になっていたことです。イメージしやすいものから始めていたので、次のステップをどう踏んでいくのかが課題でした。


―その課題は解決されましたでしょうか?

商品とその運用イメージをしっかり理解した上で、自分が求めていた資産運用を行う準備ができたと思っています。
当初から株式投資はリスクもあり簡単な商品ではないことは理解していましたが、LMPを受けたことで、分散しながら他の商品についても学んでいく必要があることがわかりました。性格上、全てを理解してから進みたいこともあり、少しずつ次のステップに進んでいきたいと思います。


―LMPの中で印象に残った商品はありましたか?

アンティークコインとウイスキーカスクなどですね!
聞いたこともありませんでしたし、周りの知人もやっている方がほとんどいないため、新しい商品知識や運用の手段があることを知れて、とても印象に残っています。
情報量をもっと得てから進みたいこともあり現在検討をしていますが、情報を得ながら他の資産運用含めキャッシュフローの感覚を肌で捉えることができてから余剰資金で挑戦したいと思っています。


―LMPの内容についてご意見をお聞かせください。

現在の自身のアセットアロケーションを可視化していただけたことは、とても見やすくて良かったです。
CLPの特徴として商品ラインナップが多いこともあり、情報量が多くて理解が追いつかない感覚も同時にありました。「現状の投資対象として考えていいのか?」というところを判断してから少しずつ分散していきたいと思っていたので、それを担当の荒谷さんに伝えたところ、LMPの途中で資産運用の方針転換にも応じていただけ、臨機応変に対応していただきました。
そういったところで、信頼感や安心感、そして丁寧な姿勢が感じられました。


―LMPを受けた後、お金に対する考え方に変化はありましたか?

大きく変化したというよりは、もともと自分できちんと考えてお金を管理できるようになりたいという考えが強かったので、その考えを一層深めてくれたという印象ですね。
お金に対する考え方などについては、それまでYouTubeや本を見て自分の頭の中で素人なりに考えていましたが、LMPを受けたことでスッキリ整理された感じです。

お金のことを学び相談できるCLPは信頼できるアドバイザー。

―資産運用を継続して目指したいことはありますか?

今回のLMPを踏まえてライフプランを考えたとき、まだ仮の段階ではありますが50代前半くらいで完全に趣味の事業以外から引退できる状態になることを目標としています。
今までは自分で事業を大きくして自社株などで資産形成を設計していましたが、お金はお金で運用したいという2軸で計画を立てたいと今では考えています。

―CLPにはどのような役割を担ってほしいと考えますか?

CLPは幅広い資産運用商品を取り扱い、ユーザーに寄り添いお金のアドバイスをしていただける希少な存在だと思います。資産運用全般を把握されているので、自身のアセットやポートフォリオの定期的なチェックと大きな方向性の見直しなどを行っていただけることを期待しています。
今は株式投資をベースとしていますが、今後はそれ以外の商品を学びながら挑戦していくところでも、ぜひ相談させていただきたいと思っています。
ページの先頭へ戻る