これからも長くおつきあいして、私の人生を見届けてほしい。そう思える存在です。

  • Name... 近藤愛実様
  • Age... 31
  • Work... 株式会社アグレックス

インタビュー

自分一人の力で資産形成は無理。だからプロに相談しようと決めました。

―資産形成を始めたきっかけを教えてください。

30歳になっても貯金が思うように増えず、将来に不安を感じたのが大きな理由です。私はお給料が入ると自分へのご褒美として好きなものを買ってしまったり、外食が多かったりと、あればあるだけ使ってしまうタイプでなかなかお金が貯まりませんでした。

それでお金について学べる場所がないかネットで調べたところ、たまたまヒットしたのがCLPの女性向けセミナーでした。「こういうセミナーに行くと、無理に投資を勧められたりするのでは」とためらう気持ちもあったのですが、実際はそんな雰囲気はまったくありませんでしたね。講師として話をした石川さんも、自分の体験をもとにお金について考えることの大切さを話してくれたので、とても説得力がありました。

そのセミナーで、「老後までにいくら貯める必要があるか」も教えてもらったのですが、はっきりわかったのは「自分の力でそれだけ貯めるのは無理だ」ということ。それでプロの手を借りようと思い、CLPに相談することにしました。

リスクを理解すれば、自分にできることから始められる。

―CLPに相談してよかったことは何ですか。

まずは家計全般の見直しができたこと。私の資産状況を分析してもらったら、何に使ったのかわからない用途不明のお金があまりに多くて、我ながらびっくりしました。貯蓄代わりのつもりで加入していた保険が、実はそれほどお金が貯まらないことも教えてもらい、自分がいかに無駄遣いしているか実感しました。

それで担当者の戸倉さんにアドバイスをもらい、お給料が入ったら毎月決まった額を天引きして、外貨の積立投資をすることにしました。私は手元にお金があると使ってしまうので、使う前に強制的に一定額を引き落として、着実に増やしていけるやり方を提案してもらったのは本当にありがたかったです。

―投資に対する不安はありませんでしたか。

私は臆病なので、やはり最初は不安がありました。でも、メリットとデメリットの両方をきちんと話してくれて、リスクについてもこれでもかというくらい丁寧に説明してくれたので、私も全部わかった上で「これくらいなら始められます」「これは怖いから嫌です」といった判断ができました。最初に積立投資から始めたのも、「これなら私にも始めやすい」と納得できたからです。

その後、不動産投資も始めましたが、これもリスクを踏まえた上で長期的に運用できるメリットの方が大きいと判断しました。投資に対する不安よりも、私にとっては「老後資金をどうするか」という不安のほうが大きかったので、今は始めて良かったと思っています。

CLPは「何でも相談できるお姉さん」。

―近藤さんにとって、CLPはどんな存在ですか。

担当の戸倉さんは「何でも相談できるお姉さん」みたいな感じです。しかも、すごく親身になって話を聞いてくれるんです。不動産投資の物件を購入する時も、その建物が道路に面していたので、「騒音は大丈夫かな」と急に気になって夜中にメールしたら、「私も国道沿いに住んでいますが、音はこれくらいで意外と気になりませんよ」と自分で撮影した動画を見せてくれて。「ここまでしてくれるのか」と嬉しくなりました。

資産運用の提案でも、考えを押し付けられるようなことは一切なく、「よかったらこういう情報もありますよ」という提案の仕方なので、変なプレッシャーもなく気楽におつきあいできます。LINEでやりとりすることも多く、何かあれば気軽に連絡できるので助かります。
だから戸倉さんには、これからも長く私をサポートしてもらいたい。ずっと身近にいて、私の人生を見届けてほしいです(笑)

一人で悩まずプロに相談して良かった。

―資産運用を始めるのが不安という方へ、メッセージはありますか。

私は30歳になってから資産運用を始めましたが、「あと5年早く始めていればよかった」というのが本音です。資産運用は時間が味方してくれるので、始めるのが早いほど有利ですから。

ただ自分一人で始めるのは難しいし、資産運用のやり方を調べようと思ってもネットには情報がたくさんありすぎて、本当にそれを信じていいのか判断するのは難しい。私がCLPに相談しようと決めたのも、そこが不安だったからです。プロに話を聞けば、リスクについても正しく理解できるし、少額から始められる資産運用があることも教えてもらえるので、私と同じように「自分にできることからやってみよう」と思えるのではないでしょうか。
ページの先頭へ戻る