教えてくれたのは、ライフプランに寄り添ってアドバイスをくれる存在

  • Name... 桜井麻矢様
  • Age... 25
  • Work... 広告代理店

インタビュー

同じように悩むのであれば、早く踏み出したほうがいい。

-資産運用の一歩を踏み出せたのはどうしてでしょうか?

会社で企業型確定拠出年金での資産運用を始めたところ、知識がなさ過ぎて不安でした。でも、今もっている預金だけでは不安と思う気持ちも大きく、将来のためにどうやっていけばいいんだろうかと思いながら、いくつかの保険や不動産のセミナーに参加していました。
投資って、リスクがあることはもちろん理解していても、自分のお金が手元からなくなっていくことへの怖さはありました。

そんなときに、CLPの資産運用セミナーに参加して、私よりも若い人が一歩を踏み出せているところを見て、同じように悩んで遅く踏み出すのであれば、早く踏み出したほうがいいと思い、実行に移しました。
CLPを選んだのは、無料で相談させてもらったときに、担当の戸倉さんが年齢も近くて話しやすいのに、知識が豊富で分かりやすく教えてくれたので、今のタイミングで決めてしまおうと思いました。今となっては、資産運用とは関係ないことでも相談に乗ってもらえて、戸倉さんから「一緒に考えていきましょう」と励ましてもらえるので、不安もふき飛んで、選んでよかったと思っています。

未来を可視化。今から始めることは、将来の自分に無駄にはならない。

-資産運用への不安は、やはり大きかったんですね。

将来に向かって資産を増やしていくためには、リスクを取っていかなければならないこともわかってはいたのですが、一歩踏み出す勇気は持てませんでした。
その時に、戸倉さんから具体的なお話をいただいて、私のためになると言ってもらえたので、踏み出す勇気がもらえたし、資産運用を前向きなものだと捉えられるようになりました。商品はたくさんあって、私のお給料や貯金でやっていけるのかなって思いましたが、分かりやすい資料で視覚的に教えてくださったので、理解して進めることができました。

何より一番大事なことは、資産運用、投資を考えるだけではなく、普段の生活を見直して投資できるお金につなげていくことが重要だと教わりました。食費を予算内に抑えることなど、支出を管理して、私自身がお金との向き合い方がよりきびしくなりました。
飲み会のお誘いも無理にすべて行くことがなくなりました(笑)
無理なく習慣として続けていくことで、長期的な視点、10年先、15年先、子育てがあって、住宅も購入して、やりたいことが出来る。自分の未来を可視化してもらえた気がします。今の私ではなくて、将来のやりたいこと、目標のためにはお金が必要になってくるので、いまから始めることは、将来の自分には無駄にはならないと思っています。

ライフプランに寄り添ってアドバイスをくれる存在

-これまでのライフプランニングはいかがでしたか?

CLPに申し込むときには、親に相談しました。親からの質問にどうしても返答できないこともあって、どうやって回答したらいいですかと戸倉さんに聞きました。
そうしたら、親に納得してもらえるような回答を親身に考えてもらえ、私に理解できるように教えてもらえました。ちゃんと答えたことで、周りにも納得してもらうことができましたし、友人で迷っている人がいたら、教えてあげたいと思うくらいです。

担当の戸倉さんは、私の人生のライフプランに寄り添ってアドバイスをくれる存在です。自分のやりたいことを実現するためにはお金が必要で、私ではわからない分野や不安な部分にアドバイスをくれて、道を示してくれます。
アドバイスは、聞いたことに対して的確に、これはどうですかという形で提案してくれました。不安を聞いて、一緒に考えてくださる、一緒の目線で見てもらえる。プランニングが終わって、それで終わりじゃなくて、必要に応じて寄り添ってくださる存在だと感じています。
ページの先頭へ戻る