お金の相談ができる先生を見つけられた安心感は大きい。将来の夢の実現により近づいた。

  • Name... 天園由美様
  • Age... 36
  • Work... 外資系キャッシュレス事業

インタビュー

国内外の資産運用商品に対しフラットに提案してくれた。

-お金のEXPOに参加されたことがCLPに相談していただくきっかけとなりましたが、数ある参加企業の中からCLPを選択して頂いた理由を教えて頂けますか?

お金のEXPOに参加する以前に、SNSの広告で出てくる「女子のマネ活」のようなイベントには参加していて資産形成には興味を持っていました。
しかし、多くのセミナーでは、最終的に不動産投資を勧められ、少し嫌だなと思っていたので、資産運用に対してフラットに提案してくれるコンサルタントを探すようになりました。

また、それまでは国内株式や国債は日本語での情報があるので馴染みがありましたが、海外商品は相談を通して教えてもらい、存在を知るものがほとんどでした。
さらに、まさか自分がアンティークコインを買うとは思いませんでしたし、相談当時は存在を知らなかった投資をしていて、びっくりしています。笑

-資産運用を初めてみて気持ちの変化はありましたか?

今は買えたなという気持ちが大きくて、特に不安にも思っていないし、任せていれば安心とも思っていないですね。
というのも、任せていれば安心とは思わないようにしているんです。

プロにまかせているのはもちろん事実ですが、自分のお金で運用しているのでちゃんと今回購入した商品の行く末は見届けなきゃいけないと思っているし、継続して相談していくことが大事だなと思っています。
すでに投資をしたもので少し増えたりしているものもありますが、一喜一憂しないようにしています。笑

会社として、個人としての安心感が踏み出す一歩となった。

-資産形成を考えているが一歩踏み出せない方へ何か一言いただけますか?

不安で一歩踏み出せないのであれば、自分で調べればいいと思います。
私は、毎回面談のあとにこの会社が悪の一味だったらと考えたり、ひたすら商品に対してのネガティブ説明しかしていない動画を見たり、いろいろなシミュレーションをしたりと、実際に自分で色々調べました。
信用していないとかではなく、不安であれば確かめる手立てって今の世の中たくさんあると思います。
特に30代はある程度社会で働いて、これまでの経験を基に自分の判断力と今のツールを使って判断できる世代だと思うんです。

だからやりながら調べて自分の労力をかけることによって、理解すること、納得することって必ず出てくるので、気になったら自分の持っているリソースを使って調べればいいと思います。

-調べた結果、一歩踏み出したきっかけは何でしたか?

一番の決め手は毎回の面談を通して人間関係を築けたことです。
私は仕事を通して、相手からもらった資料の数字の間違えをそれが悪意のあるものではないにしろ、指摘することがその方に対して優位に立てるものだと思っているので、頂いた資料は徹底的に読みました。

自分でしっかりと資料を読むことによって、相手にもそのことが伝わりますし、間違えを指摘した時に相手がそれを必死に隠そうとしていたり、非をすぐ認めてくれたり、そういった反応を見られるというのは基準になりました。
実際に1つ数字の間違いを指摘して、担当の荒谷さんは誠実に受け止めてくださったので、自分の財産を預けるのに安心する人だなと判断をしました。

CLPさんはまだ歴史が浅いですが、例え歴史が長くてもただ長いという場合もあると思うんです。
ネームバリューだけで信じるのではなく、会社の方と会って信頼関係を気づけたことがCLPで資産運用を始めた大きなきっかけでもありました。

働く女性にこそ知ってもらいたい。

-資産形成を通じた今後の夢などありますか?

最近特に老後資金について考えることが多くて、これはどなたにも言ったことがないんですが、自分の好きなものと趣味を集めた秘密基地を田舎に持ちたいなと思っています!

田舎で自分の好きなものを集めて思いっきりIT化して、全く不自由しない住処を作りたいです。笑
実はもう気になる物件を見つけていて、今は買う時じゃないなと思っているのでキッチンはリノベしようかな、とかひたすら想像を膨らませています。笑

-CLPをどういう方に知って欲しいでしょうか?

これからを生きる”働く30代の女性”で、資産形成したいけどお金の相談ができる人がいない方におすすめしたいです。
女性で配偶者がいない方ってそういう相談は両親にする方が多いと思うんです。

だけど、両親が一番の鬼門だと思っていて、相談しても否定的なことしか言わないし、知識もあるかと言えばそうではないし、あまり理解がないなと思っているんですよね。
そこでせっかく自分のお金に対して考えているのにストレスを感じて、一歩踏み出すことができないのはもったいないので、そういう方こそフラットに相談できるCLPの存在を知って欲しいなと思います。
ページの先頭へ戻る