CLPは判断の拠り所であり、人生の設計が見通せる場所

  • Name... 瀬名様ご夫妻
  • Age... 夫40/妻36
  • Work... 大手デザイン企業 執行役員

インタビュー

資産運用の総合コンサルティングという点が決め手

-ご相談のきっかけは何でしたか?

旦那様:同僚からクレア・ライフ・パートナーズ(以下、CLP)の存在を聞き、自分でも調べてみたところ、サービス内容がとても面白く、自分でもぜひ体験したいと思い、問い合わせをしました。特に資産運用を総合的にコンサルティングしていただけるという点が決め手となり相談する事にしました。

これまでも資産運用には興味があり、自分で少し運用をしていましたが、種類の違う運用をまとめて相談できる場所がなく、同時に比較検討できないことに不便さを感じていました。

CLPでは色々な資産運用商品を知ることができた

-ご相談された中で印象深い出来事などはございましたか?

旦那様:はじめは何に投資するのが最適か、そのようなこともわかりませんでしたが、担当の荒谷さんには、そういった基本的なところから教えていただき、小さなことも都度相談をしながら将来の設計を実現できたのは大きかったです。

奥様:最近は保険についてまとめて相談できる場がありますが、同じような形で、1つの会社で色々な資産運用商品に関して知れるのはとても貴重でした。
知らないことばかりの私にもとても丁寧に教えてくださり、期待していた総合コンサルティングの価値を実際に体感できたことはとても良い機会でした。

CLPは大事な判断の拠り所

-ご相談の前後で何か生活に変化はありましたか?

旦那様:完全に投資脳になった気がします。資産を得た時に、それをただ消費していくのか、もしくは資産運用をしていくのかという視点です。

例えば、ここに100万円あった場合、そのまま置いておくのか、それともCLPに相談して運用していくのか。同じ100万円でも3年という時間があればどうなるのか、という時間軸も捉えながら、お金について考えられるようになりました。

奥様:雑誌やWebメディアなど、日常の中でもお金に関する情報はたくさん流通しています。しかし、手元に700万円あれば良いという情報を見たとして、「なぜその金額なのか」という根拠までは不透明で、長期的な信頼性に欠けているなと感じていました。

ですが、CLPで相談したことにより、未来に起こりうる事象を想定しながら、今手元にある私たちのお金がこの先資産としてどうなっていくのかという、とても個別的でリアルな設計図が見えるようになりました。他の誰かの事例ではない、自分のこととして認識できるようになったんです。

旦那様:お金のことを赤裸々にお話するのはちょっと抵抗もありますよね。それでもCLPの方は皆さんとてもお人柄がよく、お金に関するプロフェッショナルでありながらも対等に寄り添ってくださる姿勢を感じました。これは身を委ねる上で安心感がありましたし、体験としてとても良かったです。

奥様:細切れの情報は世の中にもたくさんありますが、より多くの情報を1つの物差しで一度に知れることはあまりないので、今回のご相談は私たちの1つの指針となり、判断の拠り所となりました。

資産運用を人生設計の中心にし、人生の価値を高めていきたい

-資産運用を通して叶えたい事、夢などはございますか?

旦那様:しっかりと資産形成して、ちゃんと投資しているねと言えるレベルになりたいです。海外の方たちはやはり金融リテラシーが高いので、僕らも追いつきたいですね。

1-2年後には荒谷さんのように資産運用に関して話せるようになりたいです。笑

奥様:叶えたい物事ではありませんが、お金の勉強をし続けていき、 単純に物に消費していくのではなく、資産運用という方法を活用しながら人生の価値を高めていきたいです。
資産運用というと、お金への欲にも思えるイメージがありますが、そうではなく人生設計の中心としてしっかりと考えていきたいです。

-CLPのサービスをどのような方に知ってほしいですか?

旦那様:日本では、教育的にも文化的にも、意外と金融リテラシーを学ぶ場というものがないように思います。特に僕がいる業界やデザインに関わる人たちは、金融リテラシーへの感度も低くなりやすいかもしれません。
そういう人たちに資産運用、そしてCLPのサービスを勧めたいです。

今より悪くなる事はないから、資産運用をやらない理由はない

-最後に、資産運用へ一歩踏み出せない方へのメッセージをお願い致します。

旦那様:仮に今、何もやっておらず、「何となく怖い」という感覚が踏み出せない理由だとしたら、それはもったいない。新しい知識を知ることで今より悪くなることはないと思います。

運用には一定のリスクはありますが、相談するという行為には、何のリスクもないですし、知識や経験値も含め、何もやっていない今よりも下がることはないです。
特に若い人たちにはぜひ相談をして欲しいなと思います。

奥様:知らない事に対して恐怖心を持つのは自然なことだと思います。それでも私は今回相談してみて、思っていた以上に先が見通せるんだと感じました。個人的な感覚ではありますが、やろうと思えばこんなに資産を作ることができるんだという自分の可能性に気づく事ができましたし、少し先の未来を真面目に見つめ直す良い機会になりました。

ぜひたくさんの方に、自分には思っている以上に可能性があるということを知ってもらいたいなと思います。
ページの先頭へ戻る