「資産運用をしていて良かった」と思える未来にしたい。

  • Name... 大泉様ご夫妻
  • Age... 夫28/妻28
  • Work... 総合商社/マーケティング

インタビュー

一人ひとりに合った提案に信頼を持てた

-クレア・ライフ・パートナーズ(以下、CLP)に相談しようと思ったきっかけを教えてください。

奥様:将来の「お金」について考えていた時に、友人がCLPを紹介してくれました。友人の話を聞いて信頼できる会社だと思いましたし、これまで資産を見直す機会がなかったので、良いきっかけだと思いご相談に伺うことにしました。

旦那様:ちょうど夏のボーナスのタイミング且つコロナで先行き不透明だと不安に感じていたので、勉強をさせてもらいながら金融リテラシーを高めて、資産運用について考えていきたいと思い、ご相談しました。

-実際にライフマネープランニング(以下、LMP)を受けてみていかがでしたか?

旦那様:海外不動産や外貨建生命保険など、今まで知らなかった運用商品を教えていただきました。また、「この説明を無料で聞いていいのかな」と思うような有益な情報もシェアしていただき、とても勉強になりました。

奥様:一人ひとりに合った提案をしてくれるので、信頼できると思いました。また、とても丁寧に教えてくれるのですごく勉強になり、ぜひ友人にも紹介したいと思いました。

資産運用のやり方がわからない若い世代の方にこそ、CLPをおすすめしたい

-CLPをどういう方におすすめしたいと思いますか?

旦那様:僕のような人です(笑)。給与も税金も高く、若くて資産運用の知識があまりない人に、特におすすめしたいです。将来に向けて資産運用をすべきと考えている人は多いと思います。でも勉強から投資まで自分で行うのは大変なので、CLPのような相談先があると安心です。

奥様: 2パターンあり、まず1つ目が独身女性。実家暮らしで貯金もできていて、資産運用に興味を持っている人です。2つ目が結婚や出産で新たなステージを迎える人です。どちらもお金に対して考えるタイミングなのでぜひおすすめしたいなと思います。

-LMPを受けて印象的だったエピソードや商品はありますか?

旦那様:英国の不動産はとても印象的でした。こんなに良い運用商品があるとは思いませんでした。

奥様:私はアンティークコインに興味をもちました。今まで聞いたことがなかったですし、希少性があって今後に期待できる点が興味深く、これから挑戦しようかと思っているところです。

目標も課題も明確にし、今後の将来が楽しみに

-これから資産運用を継続していった先の目標はありますか?

旦那様:「1億円貯める」という目標を立てました。具体的に数字を掲げた方がお金を使う・貯める上での行動指針になります。まだ何歳までに、という期限は設けていませんが、できるだけ早く達成させたいです。あと、余裕資金1,000万円を貯めることを目標としています。その目標を達成したら、さらに資産を増やすために次のステップも考えています。

-目標を達成したら何をしたいですか?

旦那様:1億円で豪遊しようなどとは思ってはいません。1億円をまたどう増やすか考えていくと思います。高齢になり過去を振り返った時に、「資産運用を早くから始めて良かった、銀行預金に預けておくだけだったら増えなかったであろうお金が、きちんと運用したことでしっかり増えた!」と思えるようにしたいです。

奥様:楽しみです!

-資産運用を進める上で課題はありますか?

旦那様:これまでお金に関して無頓着だったので、これからはきちんと継続的にお金の使い道を把握していきたいです。最近は特にコロナ禍で自炊が増えたりとお金を使う機会が減ったこともあって、資産運用を考える、いいタイミングだと思います。

奥様:わたしはわりと使う金額が大きいので、使うもの・使わないものとちゃんと分けて貯蓄額を増やしていくことが課題です。

資産運用に興味があるなら”今”が始めるチャンス

-CLPへ今後さらに期待することをお聞かせください。

旦那様:いろいろな選択肢や可能性を知りたいので、これからも有益な情報や運用商品があればどんどん教えて欲しいです。

奥様:女性はまじめで堅実な方が多いので、ぜひ女性に特化したプランや年代・ステージ別のプランがあると、資産運用に興味をもつ女性がチャレンジしやすいと思います。

-ぜひこれから資産運用をお考えの方へ向けてメッセージをお願いします。

旦那様:コロナ禍でお金を使う機会が減っているはずなので、今がチャンスだと思います。資産運用に興味を持っているなら、長期的に見てスタートが早ければ早いほど有利だと思います。

奥様:まずは相談をした方がいいと伝えたいです。資産運用をするかしないかではなく、気になることがあればまずは相談して、一つずつ解決していけば心もスッキリして見えてくることがあります。
ページの先頭へ戻る