安心して資産運用ができるのはCLPのサポートのおかげ

  • Name... 吉川珠理様
  • Age... 31
  • Work... IT業界

インタビュー

信頼できるお金のパートナーと巡り会えた

-クレア・ライフ・パートナーズ(以下、CLP)を選んだ決め手を教えてください。

もともと資産運用に関しては、現在の会社に入社した時からやらなければいけないと思っていましたが、仕事が忙しかったこともあり実行できずにいました。
そんな時、弊社とCLP共催の社内勉強会に参加したことがきっかけでCLPを知りました。
CLPに対しては、既に資産運用コンサルティングでお世話になっている同僚もいたので信頼感がありました。また手数料ビジネスで成り立っているのではなく、顧客に寄り添いそれぞれの人に合った資産運用の提案をしていただけることも、CLPを選んだ理由のひとつです。

-ライフマネープランニング(以下、LMP)を受けてみていかがでしたか?

今までやっていなかった分、一気に物事が進んだ気がします(笑)
私は慎重な性格でリスクの高いことはしたくない考えを持っていますが、CLPはそんな私の性格にあった商品を提示してくださるので安心感があります。資産運用は不安なイメージが強いと思いますが、私の場合、LMPを受けたことで将来の安心材料を手に入れた気がします。病気になった時、困った時などに現金化できる資産があるといった「安心感」がありますね。

-LMPで印象に残った商品などはございますか?

まだ投資していませんがアンティークコインです。今まで不動産以外の現物資産を知らなかったので、コインのように手元に置いておける資産があるというのが衝撃的でした。

将来の不安が消え、安心して生活できるようになった

-ご相談の前後で、生活に変化はありましたか?

以前は私が外資系企業の営業職ということもあり、収入のふり幅がある中を日々過ごしていました。「このまま貯金をしているだけで、将来自分が思い描いている理想に近い生活ができるのか?」という不安をずっと抱えていましたが、相談させていただく内に資産運用を行うための足場が固まり、漠然とした不安を感じることなく日常の生活を過ごせるようになりました。
お金に対する安心感を得ることで、仕事に集中できてプライベートでも決められた範囲内で好きなことにお金を使うことができています。

-吉川様にとってCLPはどのような存在ですか?

私からすると担当の民辻さんは先生です(笑)。
資産運用以外でも今後まとまったお金を動かす検討をしていく時に、一番に相談したい存在です。包括的に自分の資産状況を把握してくれている人が自分以外にいることはありがたく頼もしいと思っています。

プランニングすることで見えてくる「安心感」

-CLPへの要望や期待することはございますか?

元々CLPのような会社があればいいな、と思っていました。
アメリカなどではFinancial Advisor(中立的なファイナンシャルアドバイザー)は一般的ですが、日本では存在自体あまり知られていません。ぜひ多くの人に知っていただきたいので、CLPには日本のFAの先駆けの会社として、そして安心してお金の話を相談できる人生のパートナーとして広く認知されてほしいです。

また、お金の勉強会などをもっと開催していただきたいです。
多種多様な金融商品の特徴や強み、ウイークポイントなど、勉強する場があれば参加したいと思います。私自身が運用商品の知識をもっと身に付け、もう少し高いレベルでCLPに相談できるようになれれば、と考えています。

-資産運用に不安を抱いている方へメッセージをお願いします。

以前呼んだ本で、日本人は国民性として目の前の損得で物事を見がちだと書いてありました。すぐに結果が出ない投資に対して躊躇してしまうと思いますが、それは「得をしている」という感覚がリアルに感じられないからです。中長期的な視点で見てみると、ただ貯金をするよりも実はとても得をしているのです。
少しでも資産運用に興味を持ち迷っているのであれば、CLPのようなプロに相談して人生とお金に対するプランニングをしてもらうべきだと思います。
ページの先頭へ戻る