CLPに通うことは、自分と向き合うことができる、大切な時間になっていました。

  • Name... 柚木綾香様
  • Age... 36
  • Work... マーケティング業

インタビュー

つい後回しにしてしまうお金のこと、話すことで自分の考えを整理することができる場所。

ーどんな気持ちでハイブリッドプランニングを受けて頂いていましたか?

CLPと出会うまでは、なんとなく給与をもらって、値段を見ずにお買い物をすることは日常的にあり、つい現実から目を背けるような日々を過ごしていました。

毎月あまり使ってもいないスマホアプリの課金など、無意識のうちに無駄の多い支出が多くありました。
そのことが原因で、毎月の給与で不足した生活費を、ボーナスで補填している現実がありました。

そんなときにCLPと出会い、家計簿をつけて毎月の収支を一緒に見直し、今自分にできることを丁寧に教えてくれて、自分一人ではなかなか考えたくないことを寄り添って考えてくれました。

無理なく日常生活を送りながら無駄を省く方法を見出してくれたので、CLPに通う度に今の自分と向き合い、前向きに改善に取り組めるようになっています。

新宿の街からは想像できない、話したくなる環境がここにはありました。

ーCLPを選んだ理由はなんですか?

先ず、『お洒落なオフィスだな』というのが第一印象でした。

CLPに来たきっかけは女性向けのセミナーで、以前から他社のマネーセミナーにはいくつも参加したことがありましたが、第一印象でオフィスの清潔感や綺麗さに感動した会社はCLPが初めてでした。

ただ綺麗なだけでなく、プライベートは守られた個室の会議室が数多くあるため、毎回相談に来た際にはしっかりと個人情報は守られながら、安心して自分の現状をありのままお話しすることができました。

そんな、通い続けても“プライバシーの守られた安心できる場所であること”、“綺麗で清潔感があること”はセミナーに来た瞬間に『なんか信頼できるかも』という気持ちにさせてくれました。
何か「この商品がお勧め」、「こうするべき!」といった強い勧誘を受けることもありませんでした。

今私たちがどんな現状に立たされ何ができるのか、何に困っているのかをセミナー後の無料相談内でも丁寧に聞いてくれて、私の悩みに対しても最初から親身な対応をしてくださったことも選んだ大きな理由です。

CLPは根本から教えてくれて情報量も大変豊富なため、コンサルティング料が有料であることは納得で、その点も信頼を置ける要因と感じています。

ある程度収入のある人こそ、いちど自分と向き合うべき。

ーどんな人にCLPのサービスは合うと思いますか?

独身時代を謳歌している人の中で、お金の使い方がずさんになっている人も多いはずです。
独身である程度年収があると使い方にも歯止めが効きにくくなってしまいますから。

そんなサラリーマン層こそ早い段階でお金の整理整頓をするべきだと思います。

CLPのサービスを受けることで、キャッシュフローとストックの調整ができるようになり、私も日々のちょっとしたお金にまつわる工夫などを友達や夫にも教えてあげられるようになりました。
そんなちょっとした工夫もCLPから教えてもらったことで、だれでも続けられることなので、本当に喜んでもらっています。

初めはCLPに相談する私に夫は無関心でしたが、私がCLPで教わったことを話すと、徐々に前のめりになって聞いてきたり、夫自身で収支の見直しを図ったり、家族にもいい影響を与えていると感じ、大変うれしく思います。

自分で選択することができる力が身につきました。

ーハイブリッドプランニングで一番印象に残っていることは?

一番印象に残っていることは、生命保険の概念や考え方、選択の仕方などを隈なく丁寧に教えていただけたことです!
CLPと出会う前までは、生命保険でなんでもかんでも備えてしまっている現状がありました。

でもCLPのサービスでは、生命保険の意義やどんなことに強みを発揮する金融商品で、私にはどんな生命保険が合うのか、ということを丁寧に時間をかけて教えてくれました。

社会人になってからずっと生命保険には加入していましたが、こんなに丁寧に教えてくれる人とはお会いしたことがありませんでした。
実際に生命保険の真髄を知ることで本当に持つべき生命保険を自分で選択することができるようになり、心から納得している内容に加入していると自信が持てました。

それは生命保険だけでなく他の金融商品にも同じことがいえるので、時間をかけて私のペースで一緒に考えることができるハイブリッドプランニングは貴重な時間でした。
まだ想定はできるけど不確定な未来にも、前向きに楽しんで将来対策をする場所があるので、これから起こるライフイベントも楽しみです!
ページの先頭へ戻る