他のIFAからの評判も高く、唯一の信頼できるパートナー

  • Name... 植木様
  • Age... 42
  • Work... IT通信大手企業

インタビュー

競合他社からもCLPの強みに関する話が出ることで信頼性がおけました

-競合他社と比較されて、CLPを選ばれた決め手はなんだったでしょうか

以前から投資信託の購入など投資に興味があったのですが、次男が産まれたことで真剣にとりくんでみようかなと思いました。そのようなときに、楽天証券からのご案内で、CLPのセミナーが開催されていることを知ったので参加しました。
資産運用の相談先を決めるにあたっては、個人でやるよりも、IFA(Independent Financial Advisor;独立系ファイナンシャルプランナー)のプロの方と資産形成していくほうが、いいと考えていました。工藤代表の話を聞いていて、「面白そうだな」と感じ、その場の無料相談に申し込みました。

その後、数社回った結果、CLPに決めました。CLPに決めたポイントは、ホームページを見て会社の体制がしっかりしていたことや、代表の考え方について本を読み、話を聞く中で、最もフィーリングが合うと感じたこと、不動産だけではない商品があり多岐にわたっていたこと、場所も新宿で立ち寄りやすかったことがあります。
特に一番のポイントは、競合にあたる他のIFAの会社からもCLPの強みに関する話が出たことは大きかったですし、信頼性がおけました。相談するなら、長くお付き合いしたいと考えていたので、それらのことを総合的に判断し決めました。

しっかりと足並みがそろって協力的に考えてくれている

-ご自身の考え方、それに対する奥様の反応はいかがでしょうか

振り返ると、20代、30代のころになぜ動かなかったんだろうかと後悔しています。資産形成に関する知識を深めれば深めるほどに、「時間を味方につける」ことの大切さが分かり、なにかしら動くことが大事なんだといまとなっては感じます。
だからこそ、二人目の子供ができたことが第1歩として踏み出すきっかけになりました。ただ、個人的にやっても限界があると思っていますし、工藤代表の話で、「個人で投資された方の9割が失敗して終わっちゃう」、といったお話を聞いて、そうなんだろうなと思いを共有しました。そのようななかで、CLPと契約して、信頼できる長谷川さんに出会えたことは大きいです。

奥さんは、投資や株などの投資に関することをやったことがありませんでした。不動産を買うことに、資産価値が下がることを心配し、「今の生活の質が下がるのなら賛成しない」というスタンスでした。地震などの自然災害リスクに関して、私の口から説明しても伝わりきらないところがあると思い、長谷川さんにアドバイスをもらいながら、妻に説明して理解を得ることができました。前向きになったタイミングで妻にも来てもらって、丁寧に話をしてもらったことで、さらに理解を深めてくれた。今では、しっかりと足並みがそろって協力的に考えてくれている。

妻以外の唯一の信頼できるパートナー

-CLPとはどのような存在ですか

お金の相談は妻以外にすることなかったです。でも、長谷川さんはすべてをさらけ出して、信頼して話ができる、妻以外の唯一のパートナーになっています。年齢的な近さ、世帯構成も似ていて、雑談しながら話せる間柄ですし、信頼できるパートナーだと思っています。
投資に興味を持っていても、専門家ではないので、知らない商品に関してはよくわからないことも多かったです。でも、一つ一つ丁寧に教えてくれたので、自分の中で納得できて、自分の判断でやるかやらないかの最終ジャッジを与えてくれるので、自分なりには理解して話を進めてくれたことはさらに信頼感を増す要素でした。

今後、私の資産状況から家族構成まで知っているので、私にあった最適なプランを引き続き、積極的に教えてもらえると思っていますし、商品もさらに増えていくなかで、会うたびに商品の話を教えてもらえることを楽しみにしています。時代が流れゆく中で、その時代と自分にあった商品を積極的に紹介してくれると信じています。
ページの先頭へ戻る