お金に縛られなければ仕事への思い、有意義な時間、活き活きと過ごせる

  • Name... 小野航平様
  • Age... 23
  • Work... 市役所職員

インタビュー

お金の不安が払拭できれば、やりたい事が見えてくる

-その若さで資産運用に興味を持たれたのはなぜですか。

大学生の時にFPを取得し、お金に関する将来設計を考えるようになりました。就活を迎え、周りの友だちは就職することが当たりまえのような考えもあったんですが、僕自身、なんで就職するのかを考えていました。

そこで出した結論が、お金を稼ぐために就職する必要があるんだという考えでした。でも、お金のために仕事するのがいやで、その解決策を見つけるために行動し突き詰めていったとき、お金の不安が払拭できれば、自分がしたい仕事、好きだからやりたい仕事が見えてくることに気づき、資産運用を始めることにしました。お金のために仕事をしたくないという気持ちが根本にあったからこそ、早い時期にお金と正面から向き合ったのだと思います。

ライフプランにあったものをいろいろな要素から組み立てられる

-CLPへの相談をすることにされた理由はどのようなことでしょうか。

個人的に一人で悩むよりもお金の専門家であるFPに考えてもらうことがよりよい結果を生むと思ったので、様々な企業が一堂に会すマネーフォワード社のお金のエキスポに参加しました。そのときに、工藤社長がセミナーで例え話を使って講演されていて、とてもおもしろくて興味をもてました。
お金の知識がそんなにあるわけではない僕の心に響いたように、知識がない人に興味を持たせるようなしゃべり方、どの世代にもわかるような共通な話題で振ってくれたことが、最初の一歩を踏み出すことに繋がりました。

エキスポでは、全部の会社を巡ったのですが、不動産会社なら不動産のことだけしかやらないとか、証券会社なら証券のことだけしかやらない、保険会社なら保険のことだけ、のように区切られてしまっていることが、僕自身にはネックと感じ他社と契約には至りませんでした。CLPに決めたのは、工藤社長のセミナーでお話いただいたように、自分のライフプランにあった資産運用の手法を様々組み立てることができるということが、僕に一番マッチしたと思ったので、コンサルティング契約をお願いすることになりました。

お金に費やしていた時間を有意義に使え、お金に縛られず活き活きと過ごせています

-CLPに相談し解決に向かいましたか。

同年代とお金の話をしても、僕の周りで考えている人はいません。これからのいろんな不安があるなかでどの不安にもついて回る要素がお金であり、好きなことをするにしてもお金が必要だと思っています。その解決のために、プロに相談することが一番だと考えました。

悩む時間ももったいないので、一歩はとても不安でしたが、踏み出してみようと、失敗しても建て直せるという気持ちで相談しました。いまはその選択が間違っていなかったと思っていますし、気持ちがとても楽になりました。
また、プランニングが進むに従って、心配が薄れてきたので、今までお金に費やしていた時間を趣味や勉強の時間に充てることが出来るようになったので、お金に縛られずに活き活きと過ごせています。
ページの先頭へ戻る