自分では気が付かなかった浪費。お金に対する意識が大きく変わった。

  • Name... 谷口康太様
  • Age... 32
  • Work... 情報通信業

インタビュー

資産運用を学んだことで投資と投機の違いを知ることができた

-クレア・ライフ・パートナーズ(以下、CLP)を知ったきっかけを教えてください。

きっかけは、元同僚からの紹介です。
将来的に年金が貰えないなど、よく聞く問題をニュースで見たり、元同僚とお金の話をする事があったんです。その時に、CLPを紹介され資産運用を僕も始めてみようと思いました。
今まで僕の中では、資産運用や投資は「危ない」というイメージがあったのですが、勉強することも大切で、ある程度お金を払ってでも機会を設ける必要があると思いました。

-投資に対するイメージは、「危ない」と思った以外に他にもありましたか?

「得体の知れないもの?」という感じですかね。
そもそも、何から始めたら良いのか分からなかったんです。
株とかリスクが高いものがニュースや巷でよく聞く話なので、そのイメージに引っ張られていて資産運用って実際はどうなんだろうなと思っていました。

-実際にライフマネープランニング(以下、LMP)を受けてみてイメージは変わりましたか?

そうですね。実際に話を聞いてみたら色んな商品があり、リスクが低い商品もあったので、やってみて良かったと思います。
特に積立投資などはすぐに結果は出ませんが、長期で積み立てて投資したお金が複利で運用されるという、投資方法もあるんだなと印象深かったですね。

ライフマネープランニングを通じてお金の使い方を意識改革

-LMPを受けて、心境の変化・生活で変わったことはありますか?

まずは、銀行の預金残高をチェックするようになりましたね(笑)
アプリを利用して、クレジットカードで使った分の引き落としや銀行から引き出した分が自動で見れるので、その度に「こんなに使ってるんだ」とか、預金ではありながら自分の資産の状況に注意が向くようになりました。

-それまでは、支出の確認はどうされていたのですか?

特にチェックする事もなく、「貯まっているなぁ」くらいの意識でした。ただ、車を購入した時に支出が多くなって、これまで貯まっていた傾向が無くなったんです。
それこそ社会人になりたての頃は、遊ぶ事もなく仕事にのめり込んでいたので、支出も少なくて特に何かしなくても自然と貯まったのだと思います。

でも転職して、転職先の付き合いもあるし、車を購入してローンもあるとなるとどんどん預金が減っていって、意識的に貯金とか節約をしないとまずいなって思いました。
なので、まずはLMPを受ける際に家計簿を付けたのですが、支出を知った時に「このままだとまずいな」とさらに危機感を抱いて、そこから意識が変わりお金の使い方が変わっていきましたね。

家計簿を付けて無駄を省いたら、収支が大幅に改善!

-実際に家計簿を付けてみて、感想はいかがでしたか?

とにかく食費が多いな…って思いましたね(笑)
交際費と一緒に計算していたのですが、一般男性の平均と比べると5万円ほど多かったです。
だから自炊をしたり、他にも無駄な部分は省くようにしました。
例えば、登録していても使っていなかったサブスクリプション系のものを必要最低限にし、契約プラン内容も不要なものを省いて安くして、結果的に3万円ほど節約できました。
これからも担当の石川さんにお世話になると思いますので、今後ともどうぞ宜しくお願いしますという気持ちです!
ページの先頭へ戻る