寄り添ってくれるお金のパートナーを見つけることができた。

  • Name... 松岡慎介様
  • Age... 43
  • Work... プロダクトマネージャー

インタビュー

「もっと話してみたい」という気持ちが大きかった。

-クレア・ライフ・パートナーズ(以下、CLP)に相談しようと思ったきっかけを教えてください。

2019年の”お金のEXPO”に参加した時、担当の瀬川さんが声をかけてくれたことから始まりました。当時、資産運用のやり方について迷っていたところもあったので、少し話を聞いてみようかと思ったことがきっかけです。お電話での瀬川さんは話していて受け答えが良かったので、「もっと深く話してみたい」と思いました。他社のセールスとは違う印象を受けましたね。

自分がやりたいことを第一に考えてくれた。

-実際にライフマネープランニング(以下、LMP)を受けてみていかがでしたか?

自分の話を辛抱強く聞き知りたいことを教えてくれたところ、また寄り添ってアドバイスいただけたことに満足しています。
お金の相談系のサービスは様々ありますが、結果、保険のセールスになってしまうことが多数だと思います。CLPはそうではなく、どのような資産運用が自分に合っているのか真剣に考えてくださいました。
多種多様な金融商品を紹介してくれたにもかかわらず、不動産投資しか手を付けられていないですがそんな自分を嫌がらず、どのように資産形成を行う形がベストなのか、親身になってくれる気持ちが伝わり非常に良かったです。結果、私が求めていた「相談」がちゃんと出来たなと感じています。

-LMPの中で印象に残っていることはございますか?

LMPを開始してまもなく、「不動産を現金で購入しましょう」と言われたことが衝撃的でした。そのために高額な現金を用意しなければならなかったので、CLPからアドバイスを受けながら資産整理を行いました。100%、CLPのアドバイスに従ったわけではなく、自分が「こうしたい」というところに関しては思うようにできたことが印象に残っています。購入前に物件を見ずに不動産投資をするのは初めてだったので、登記簿が届くまでドキドキしていました。

-資産運用を通しての目標・叶えたいことなどはございますか?

当座の目標としては、子供2人の教育資金と老後の資金の準備です。現状、ようやく子供の進路が見えてきたので大体の必要金額が分かってきました。私は外資企業に勤めているので、いつどうなるか不安定な所もありますが、親として子供にキチンとした教育を受けさせられるよう対策をしていきたいですね。
また、叶えたいことは不労所得を得ることです。ありがちですが、大学生時代か社会に出て数年の頃ぐらいに、『金持ち父さん貧乏父さん』という書籍を読み衝撃を受けました。本の内容は「不動産を持ちファイナンシャルフリーダムを得ましょう」というもので、読み終えてファイナンシャルフリーダムに憧れを抱き、どのような仕事をしていても不労所得が得られるようになりたいと強く思いました。

CLPはかけがえのないお金のパートナー。

-CLPは松岡さんにとってどのような存在ですか?

CLPにはお金のことを何でも話すことができます。自分の給料や資産、やりたいこと、やりたくないこと等、他人だけれどパートナーとしてキチンと聞いてくれる頼もしい存在です。
自分が何をしたいのかを把握して色々提案していただけるので、この先も長くお付き合いしていきたいですね。

-資産運用の第一歩に不安を抱いている方へメッセージをお願いします。

資産運用はとにかく早めに実行するべきだと思います。第一歩を早く踏み出すこと、それによって、仮に失敗したとしても早く回復できますよね。「ちょっとお金が貯まってから」と考えていると、結局いつまで経っても始められない。
迷っている方は、まずはCLPに相談してみてください。自分に合った資産運用を親身になって考えてくれるはずです。
ページの先頭へ戻る