豊かな人生を送るには、今を楽しみつつ、将来に備えるのが理想的。 夢を叶えるための資産運用を。

  • Name... 金子香織
  • Age... 33
  • Work... 事務職

インタビュー

老後へ備えたいという思いはあったが資産運用は怪しいと思っていた

―将来対策や資産運用に関して、どのようにお考えだったのでしょうか。

年金がもらえるかどうか分からないというニュースをよく見ていたので、老後への不安は漠然と持っていましたが、20代の頃は資産運用どころか貯金すらできていませんでした。30歳になる少し前、そろそろ将来のことを考えないといけないと思い始め、まずは定期預金からはじめました。
その当時は将来対策のために、資産運用をするということは選択肢にありませんでした。
資産運用は、お金持ちで知識のある人がするものなので、私のような一般人が手を出すものではないというイメージを持っていました。特に不動産投資に関しては「怪しい」「危険」というイメージを持っていました。

友達が不動産投資を始めたことで、イメージが変わった

―資産運用、不動産投資に対するイメージが変わったのはどのタイミングだったのですか。

友達が不動産投資を始めたということを聞き、私も少し話を聞いてみようとCLPに相談をしに行きました。実際に話を聞いてみると、それまで持っていた「怪しい」といった不動産投資へのイメージが大きく変わり、私にも身近なものだと感じました。
不動産投資は経済的に大きな負担を強いられるものだと思っていましたが、そうではなく、無理のない金額で始められるということを聞き、やってみようと思えました。
友達が始めていて、話を聞くことができたということも大きかったですね。

長野移住の夢もシミュレーション

―CLPでライフプランシミュレーションをしてみて、いかがでしたか。

収入と支出のバランスを細かに見てもらったことで無駄遣いが多いことに気付き、お金の使い方には日々気を付けるようになりました。また自分の夢実現に向けて、シミュレーションしてくれたこともよかったです。具体的なことはまだ何も決めていないのですが、将来は長野に移住したいという思いがあり、それに合わせたシミュレーションもしていただきました。夢実現のために必要な資金はどれくらいか、そのために今何をすべきかが把握できたことで、夢に近づいた気がしました。

―資産運用を始めてみて、日々の意識は変わりましたか。

やみくもに貯金をするなど、将来の備えで今が苦しいのでは意味がないと思うようになりました。豊かな人生を送るためには、今を楽しみつつ将来に備えることが理想的なのだと実感しています。今は将来の支出シーンが想定できているので、今使っても問題ないお金の範囲内で最大限楽しもうという意識になっていますね。将来への漠然とした不安も軽減されました。

同じ目線に立ってくれるので、不安を共有できる

―CLPに相談してみて、よかった点を教えてください。

上から教えられるという感じや、保険会社や不動産会社のように売りつけられるという感じでもなく、同じ目線に立って接してくれたことがとてもよかったです。話をしていく中で、本当に必要なものだけを提案してくださったので、信頼できました。
また、投資初心者の気持ちを理解し、同じ立ち位置にいてくださるので、担当の田原さんとは不安に思っていたことを共有できた感じがしました。

―以前の金子さんのように漠然とした不安を抱えている若い人へアドバイスをお願いします。

まず、何か一歩踏み出してみるのがいいと思います。本でもセミナーでもいいので、最初のアクションを起こしてみてください。そうすると、それまでの思い込みがなくなることもあると思います。お金のことを勉強しないまま社会人になる人がほとんどだと思いますが、とても大切なことなので、社会人になったらできるだけ早くお金の勉強を始めることをおすすめします。
ページの先頭へ戻る