何もしなくてもリスクはある。だから将来のために行動すべき!

  • Name... 清水治彦様
  • Age... 58
  • Work... 国内大手金融機関

インタビュー

CLPの他社には無いビジネスモデルに興味を持った。

-CLPを知ったきっかけは何ですか?

私は金融機関に勤めていることもあり、預金・外貨預金・国内外の投資信託など一通りの資産運用をしていましたが、本当にそれだけで良いのか、という思いがありました。また数年後に定年退職を控え、自分のポートフォリオを見直す必要があるのではないかと思い、マネーフォワード社主催の「お金のEXPO2019」に参加し、そこでCLPと出会いました。

-「お金のEXPO2019」には複数の会社が参加していましたが、その中でCLPを選んだ決め手は何ですか?

証券だけ、不動産だけ、金だけ、というように単一商品のみをセールスする会社が多い中、幅広い金融商品を取り扱い、顧客の状況やニーズに応じた適切なポートフォリオを提案していくCLPの仕事のスタイルそのものに興味をもったので、まずはCLPに相談しようと決めました。

CLPは自分の資産について相談できる唯一の存在。

-ライフマネープランニング(以下、LMP)を受けた感想を教えてください。

当初自分が想定していたよりも幅広い商品を提案してもらい、とても驚きましたし、その結果に満足しています。特に海外の情報にも詳しく、自分にとってはインパクトがとても大きかったです。

-清水さんにとってCLPはどのような存在ですか?

CLPは、自分の資産について相談できる唯一の存在です。
今までもファイナンシャルプランナーや金融機関の担当と接点はありましたが、自分の資産についてトータルで相談できるところはありませんでした。

-実際に資産形成をして、達成したいことはありますか?

そんなに贅沢をしたいとは思わないですが、いつまでも家族と不安のない生活を送れれば良いと思っています。例え自分に何が起きても、妻や子供達には十分な備えを整えておきたい。結局、親が子供に残せるものは「教育」しかないと思っているので、その面でも安心できる環境を整えておきたいです。LMPを実施してそこも少しずつイメージがついてきました。

若い世代の方にCLPのサービスを知って欲しい。

-LMPの中で印象に残っている情報はございますか?

アンティークコインと海外不動産がとても印象に残って魅力的だと思います。海外不動産はまだ検討中ですが、アンティークコインは購入しました。有価証券だけでなく現物資産と分散して投資するのは良い方法だと思っています。
アンティークコインといっても種類がありますが、興味がある1900年前後のものを選びました。以前からの趣味でその年代の国内外の美術品を蒐集していることもあり、今回のアンティークコインもその年代のものを選びました。

-CLPのサービスをどういう方に知ってほしいと思いますか?

CLPのサービスは、若い世代の方々に特に知って欲しいです。自分自身がもっと早くこのようなサービスに出会っていれば良かったなと思ったからです。
投資=リスクと考える人もいるかもしれませんが、お金を動かさない・お金のために動かないことも、リスクを内包しています。自分のリスク許容度を知った上で、適切に動くことが、リスクを下げることにもつながります。

若いうちは仕事に集中し忙しく、投資に目がいかないかもしれませんが、若くて忙しい人ほど早めに資産運用に足を踏み入れて欲しいなと思います。
日本人は、普段周囲とも金融や資産運用の話をすることは少ないと思いますので、そんな人こそ金融の先生のような立場のCLPへ相談してみても良いと思います。
ページの先頭へ戻る