プロフィール写真

ライフマネートレーナー

民辻伸也Tamitsuji Shinya

選択肢を知り行動を起こす大切さ
あなたにしかできない資産形成を

Profile
1992/08/06 O型 獅子座
趣味: 海外旅行 筋トレ 読書 ゴルフ
Career
1992年 東京都板橋区育ち
2009年 板橋区から埼玉県朝霞市
2011年 東京国際大学国際関係学部
2012年 アメリカオレゴン州へ約1年間留学
2015年 投資用不動産会社へ就職
2019年 株式会社クレア・ライフ・パートナーズ入社
License
宅地建物取引士
一種外務員資格
2級ファイナンシャル・プランニング技能士
生命保険、損害保険各種
世界遺産検定3級
書道準4段

これまでの歩み

学生時代の留学経験を通じて将来は英語を使った仕事がしたいと旅行会社への就職を検討していたが、自営業である父が倒れ、収入が途絶えることに。しかし当時、父が行っていた不動産投資の家賃収入で生活を支えることができた。これを機に不動産投資に関心が高まり、投資用不動産の販売会社へ入社。主に大手企業にお勤めの管理職の方々を中心に不動産投資を軸に置いた資産形成を提案しており、お客様のニーズが多岐にわたる中で、不動産投資だけでの資産形成に限界を感じていた。取引先であったクレア・ライフ・パートナーズの様々な投資商品を組み合わせた資産形成に魅力を感じ、入社を志願し、今に至る。

インタビュー

挫折があったからこそ、
その分学ぶことがたくさんありました。

-CLPと出会う前は、どのような仕事をしておりましたか?-

新卒から投資用不動産会社へ入社し、毎日電話営業の日々を送りました。
休日はアポイントリストを作成するためにネット検索におわれ、正直休めた記憶はほとんどありません。その結果、入社半年後に7キロ近く痩せてしまい、どんどん体も細くなっていく精神的なダメージを受けました。この苦痛は体を鍛えている方には分かるはずです!(笑)
「諦めたくない」その一心で続けた結果、入社二年目の頃、ご契約をいただいたお客様から大変多くの方をご紹介いただき、その年の年間トップの成績を残すことができました。
初任給の給与明細を玄関扉に貼り付け、毎日「絶対に自分は成功する」と口に出して自己暗示をかけていた日々が懐かしく思います。お祝いとして、会社からプーケット旅行を両親と妹にプレゼントできたことは今でも最高の思い出です。
チームの指揮を取り、部下の数字も作りながら、個々の成績も残していく難しさ。高額な投資商品だからこそ、しっかり「目的」をお伝えし、お客様と一緒に考えていくことが求められました。様々な人にお会いし多くの経験をすることが出来たからこそ、その経験が今に生きていると感じております。
「諦めずに1つずつ成功体験を積んでいく」、成長するにはこれしかないと身に染みて学んできました。あの有名な米国の発明家トーマス・エジソンもこう言っております。「I have not failed. I’ve just found 10,000 ways that won’t work.」(私は失敗したことがない。ただ、1万通りの、うまく行かない方法を見つけただけだ。)この言葉は私の人生の教訓となっております。

お客様の資産形成を総合的に寄り添いたい

-なぜCLPへの転職を決意したのでしょうか?-

ファイナンシャルプランナーとして、一商品ではカスタマーサクセスは実現出来ないと感じたからです。スマホの普及により、さまざまな情報を簡単に得ることが出来るようになり、お客様自身で自分にとって何が最適なのか判断が難しい時代だと感じています。
前職では、お客様のニーズも多岐にわたる中で、全てを不動産経営で補うことは出来ませんでした。いつしか不動産を沢山保有していただくことが目的となりつつあり、1年でも早く繰り上げ返済資金を作れるような投資商品がないのかと大変悩みました。「大切なお客様をより多方面からサポートできる人材でいたい」。私自身の環境を変えることに迷いはありませんでした。

CLPには取扱商品の種類や幅は、日本国内外の投資商品ほぼ全てと言っても良い程ラインナップがございます。

-CLPへ相談をすると何が学べますか?-

クレア・ライフ・パートナーズ(以下、CLP)では日本国内外の投資商品を知ることができ、実際に行動を移すところまで、一社で完結する仕組みを作っております。
例えば、投資初心者であれば、「緊急・短期・中期・長期」それぞれのお財布の使い方を学ぶことが出来ます。すでに資産運用を始められている方であれば、様々な投資商品を組み合わせることにより実現する多極分散投資が学ぶことができるでしょう。
CLPへご相談いただけるお客様は、定期的な投資商品の見直しや、ライフイベントに合わせた打ち合わせなど、細かな連絡を取り合えるパートナーとして接していただいております。
ふらっとカフェのように足を運んだ先に、ご自身の資産状況を取りまとめた資料や、自身のライフイベントやライフプランに合わせて最適な資産形成の情報を得られる場所がある。「お金」という少し相談のしづらい内容に対して、身近に相談できる相手がいるということは心強くないでしょうか。
自分だけで考えるのではなく二人三脚で考えていくことで、より違う角度から自身のポートフォリオやアセットアロケーションを見つめられるので、ある分野に偏った資産形成になりづらい。度重ねる打ち合わせの中で、より納得感を得た資産形成をサポートすることが出来ると考えております。
CLPは金融機関とは独立した存在であり、投資商品のラインナップも多数あるからこそ、お客様本位のプランニングが実現できており、ライフマネートレーナーとして公平なあるべき姿でお付き合いができているはずです。

自分を知る、夢を語ることは勇気がいること

-お客様との打ち合わせでは、どのようなことを心がけていますか?-

私は誰かに夢を語ることは大変勇気がいることだと考えています。自分の夢は人に話すようなものではないし、他人に評価されたくないとお考えの方もいらっしゃるはずです。
ただ、その心の扉を数センチだけでも開いていただき、叶えたい目標や目的に対して一緒に考え抜くことが我々の責務だと考えております。「自分以上に自分を考えてくれる存在」そんな風にお客様から感じて頂けるような対応を心掛けたいです。また良い意味でお互い気を使いすぎずというくらいがちょうどいいと思っております。親しき中にも礼儀ありを守りながら、一つでも多く「相談してよかった」という言葉を頂けるよう尽力してまいります。

本気で勉強するか、行動しながら学んでいくか

-なかなか一歩が踏み出せない場合、どうすればいいですか?-

資産形成を検討する上では、まずは家計簿を付け、収入と支出の関係を把握することをお勧めいたします。会社員の方であれば、まずは給与明細を確認してみましょう!分からない言葉がたくさんあるかと思いますが、いきなり投資をするのではなく、自分の現状を知るということも立派な第一歩です。
投資行動を起こす前に、どこまでのリターンを求め、どこまでリスクを取れるのか、この基準がないと資産形成をするつもりが蓋を開けたら投機となっていたというのも少なくありません。また個人的には、動きながら学ぶということが一番早いと感じています。
お客様の中には、「資産運用をやってみたいけど、自分で勉強してから始めたい」という方もいらっしゃいます。ただ、自分以外の取り巻く環境の変化、「ご両親の介護問題」や「お勤め先の会社の業績」、「経済の変化」など様々な出来事が起こりえます。手遅れにならないようにするためには、待ち受けている問題に目を伏せるのではなく、今始めることが出来る選択肢を把握し、“行動”に移すことも必要だということです。
実際に行動に移したことで、「将来への漠然とした不安がなくなった」、「なんかワクワクしてきた」という言葉を頂くことが非常に多いです。例えば、「〇〇歳で結婚する」「〇〇歳で世界一周旅行へ行く」等、10個程度人生で実現したい項目を書いてみてもいいかもしれません。面白いことに、書けと言われても10個も書ける方は少ないですよ。CLPにご相談いただいた結果、叶えたいものが1つでも増えたら本当に嬉しいです。

ページの先頭へ戻る