プロフィール写真

ライフマネートレーナー

民辻伸也Tamitsuji Shinya

「知らない」・「怪しい」を
そのままにしないこと
あなたにとって
無理なプランではいけません

Profile
1992/08/06 O型 獅子座
趣味: 海外旅行 筋トレ 読書 ゴルフ
Career
1992年 東京都板橋区育ち
2009年 板橋区から埼玉県朝霞市
2011年 東京国際大学国際関係学部
2012年 アメリカオレゴン州へ約1年間留学
2015年 グランヴァン株式会社へ就職
2019年 株式会社クレア・ライフ・パートナーズ入社
License
ファイナンシャルプランナー2級
宅地建物取引士
証券外務員一級資格
世界遺産検定3級
書道準4段

これまでの歩み

学生時代の留学経験を通じて将来は英語を使った仕事がしたいと旅行会社への就職を考えていましたが、当時アルバイト先の先輩が不動産会社に就職したその姿がとてもかっこよく見えた為、不動産会社を志望し、投資用不動産販売会社へ就職しました。主に大手企業にお勤めの管理職の方々を中心に不動産投資を軸とした資産形成を提案しており、約四年間チームの指揮をとりながら日々業務に従事しておりました。

インタビュー

挫折があったからこそ、
その分学ぶことがたくさんありました。

-投資用不動産会社での仕事は、具体的にどのような仕事をされていたのでしょうか-

入社してから半年間は毎日電話営業、街頭名刺交換の日々を送っておりました。
一年目は全く成績を残すことが出来ず、精神面を保つのがやっとの状態で、体重も入社後に7キロ痩せるほど追い込まれました。転機は入社二年目の頃、ご契約いただくことが出来たお客様から大変多くの方をご紹介いただき、ご紹介の連鎖が生まれたことで、一気にその年の年間トップの成績を残すことができました。初任給の給与明細を玄関扉に貼り付け、毎日「絶対に自分は成功する」と口に出して暗示をかけてましたから(笑)一位を取れた時は心から嬉しかったです。会社からのお祝いとして、タイのプーケット旅行を親と妹にプレゼントできたことは、今でも最高の親孝行ができたのではないかと思います。

お客様の資産形成を総合的に寄り添いたい

-なぜCLPへの転職を決意したのでしょうか?-

ファイナンシャルプランナーとして、一商品ではカスタマーサクセスは実現出来ないと感じたからです。スマホの普及により、さまざまな情報を簡単に得ることが出来るようになり、お客様自身で自分にとって何が最適なのか判断が難しい時代だと感じています。
前職では、お客様のニーズも多岐にわたる中で、全てを不動産経営で補うことは出来ませんでした。いつしか不動産を沢山保有していただくことが目的となりつつあり、1年でも早く繰り上げ返済資金を作れるような投資商品がないのかと大変悩みました。「大切なお客様をより多方面からサポートできる人材でいたい」。私自身の環境を変えることに迷いはありませんでした。

CLPには取扱商品の種類や幅は、日本国内外の投資商品ほぼ全てと言っても良い程ラインナップがございます。

-CLPでは何が学べますか?-

弊社はお客様から年間費をいただくことで、日本国内外の投資商品を知ることができるプラットフォームの提供と、裏方の事務管理を強みとする会社になります。
そのため、既に何かしら投資商品を始められているお客様から、これから資産形成を考えているお客様まで、柔軟にお客様のニーズを満たす事ができる環境を整えてあります。
私自身入社後は、「こんな資産形成の形があるのか」と驚きの連続でした。一度弊社を知っていただければ、この先の資産形成が大きく変わることをお約束できると言っても過言ではないと思っております。

自分を知る、夢を語ることは勇気がいること

-お客様にはどのようなことを心がけていますか?-

誰かに夢を語ることは大変勇気がいることだと考えています。自分の夢は人に話すようなものではないし、他人に評価されたくないとお考えの方もいらっしゃるはずです。 その心の扉を数センチだけでも開いていただき、目的に対してコミットすることがパートナーとしての責務だと考えております。
大変多くのお客様が、資産形成となると、何か儲かる投資商品を始めることだという考えに偏ってしまいがちですが、資産形成を検討する上では、「何のために」という目的や、月々の家計簿を付け「自分を知る」ことがファーストステップとなります。自分がどこまでリスクを取れるのか、このベクトルがないと、資産形成をするつもりが蓋を開けたら投機となっていたというのも少なくありません。

本気で勉強するか、行動しながら学んでいくか

-なかなか一歩が踏み出せない場合、どうすればいいですか?-

お客様の中には、「やってみたいけど、とりあえず2年間くらいは勉強してから始めたい」という方もいらっしゃると思います。このケースで問題なことは、結論を先伸ばしにすることではなく、どこまで本気で勉強して、2年間が過ぎたのかという点になります。私は勉強することは否定的ではなく、私自身も同じ身なのでむしろ大歓迎ですが、中途半端にいろんなセミナーに顔を出し、「結局何が何だか分からなくなった」というお客様を前職でたくさん見てまいりました。ご両親の介護や、お子様の生誕等、ライフサイクルの変化は待ってくれません。大事なことは、市場がどうこうではなく、今始めることが出来る選択肢を把握し一歩踏み出し、時間を味方につけることが資産形成のコツでもあります。
「〇〇歳で結婚する」「〇〇歳で世界一周旅行へ行く」等、10個程度紙に書いてみて先に最幸な自分の人生を決めちゃいましょう。実際10個も書ける方は意外にも少ないので、自分を知る良いキッカケになるかと思います。

ページの先頭へ戻る