Interview_インタビュー

頭の理解と心の準備

自分で体験しないと、人に伝えられない。

総合職

民辻 伸也Tamitsuji Shinya

自己体験を通じて語ることが、
最低限の責任

お客様に自信をもって向き合うためにも自己体験は大事です。 当社では、世界中にビジネスパートナーがいますが、時には現地まで足を運び、プロバイダー企業がどういう思いで仕事をしているのか、現場で体験しながら学んでいく事があります。その中でプロバイダー企業に対して要望や改善案を出していく事で、いろいろな知識や情報が蓄積されていき、お客様が安心感をもって投資できる環境づくりに力を入れております。たとえ未経験の入社であっても社内の研修制度や体験を通じて、商品の正しい理解や扱い方について学ぶことが出来ます。
私はCLP入社後、自らが始めた不動産投資でマンション管理組合の理事長に立候補しました。そのときに初めて建物管理会社の動きを学ぶ事が出来ましたし、販売サイドだけでなく投資経験を通じて買主側に回らなければ分からなかったことも沢山ありました。すべての経験がコンサルティングに活かされていき、こういった自己体験があるからこそ、お客様が不安や心配になられても徹底的にサポートができるようになると思います。また、我々が率先して経験を積むことで、実際に行動を起こす大切さもお客様に伝える事が出来ると考えています。

チャレンジすることで仕事の経験値を積む

自己成長のために、勇気を出してチャレンジする方が向いている会社です。 私は総合職の中で、根本の投資商品の仕組みから理解すべく不動産の仕入れ、銀行対応を任されるようになりました。仕事の領域が広がった分、会社のミッションと現場の調整など、今まで以上に会社の核となる責任の大きい仕事を任され、これまで経験した事がない悩みや難しさを感じました。同時にそれぞれの社員が仕事で抱えている問題や苦労にも目を向けられるようにもなり、より一層仲間に対する感謝の気持ちが強くなっています。自身が手を挙げる事でどんな仕事でも取りにいける環境は、当社のとても魅力的な部分です。今はまだ知識不足、準備不足でも飛び込んでみることで学べることが沢山あります。現状に満足せず新しいことにチャレンジしていき、より一層CLPの付加価値を共に創造していきましょう!

Our service

Interview

ページトップへ

ページの先頭へ戻る