fbpx

Interview_インタビュー

どうしたらできるかに、
頭と時間を使う。

できない理由を考えるのは、無駄な時間である。

Co-Creation Team トレーナー

長谷川 賢努Hasegawa Masato

時間を最大限に生かして、
付加価値を付ける

私は以前、不動産会社と生命保険の代理店で働いていた経験があるのですが、CLPに入社して初めて扱った圧倒的な商品の幅や、経営者や富裕層の方への対応、セミナーの講師、またパートナーとの提携ビジネスなど、経験したことがないことばかりを、任されています。
その時に、やったことがないからできないと否定的になったり、及び腰になるのではなくて、まずは前向きに、前のめりに受け止めて、その上で、どうしたらできるかを考えることを常に心掛けています。もし10倍の仕事量が来たとしても、今までやっていた仕事をどうしたら10分の1に短縮できるか、そして、時間を最大限に生かしてどうしたら付加価値を付けられるか、に頭と時間を使うことが大切です。
もちろん、ひとりの知識や提案だけでは立ち向かえない時もあります。
しかし、CLPでは、他の会社のような歩合や出世のことを意識しなくて良いため、時間をかけて、他のメンバーにノウハウや経験を共有したり教え合う文化というものが醸成されています。また、取引先やプロバイダーの方にもパートナーとして、相談や研修をしていただいたり、打ち合わせに同席していただける関係が築けています。
その為、自分ひとりだけで時間を使ってパフォーマンスを出すだけではなく、周りの協力を得ながら、決められた時間内で最大限のパフォーマンスを発揮できるのも、CLPならではと思いますね。

どうしたらできるかを常に考え、
今までにないサービスを目指す

人生100年時代やVUCA時代と呼ばれる今、この業界の環境は目まぐるしく変化をしています。
業界に関しては、生保ではバレンタインショックや、同業社の他業界への台頭、そして新しい金融仲介業免許の導入、また昨今のコロナショックの影響もあり、いよいよレッドオーシャンの業界において、一本足打法だけではなかなか太刀打ちできない現状が一斉に表面化しました。
CLPでは、志しを共にする同業他社と共に、両社の強みを活かし合う、ビジネスパートナーになることで、お客様と同業社のパートナー、CLPのトリプルウィンの関係性になるという、CoCreationTeam(CCT)事業を立ち上げました。
社会の構造をも変える取り組みですし、壁はすごく高いと思いますが、この小さな会社で、この人数で本当に実現できるのかと考えている暇はありません。
どうしたらできるか。実現した時の、壁の向こう側、頂の景色がとても楽しみです。

Our service

Interview

ページトップへ

ページの先頭へ戻る