fbpx

Interview_インタビュー

すべては、自分自身が「源」。

自己責任、当事者意識、リーダーシップ。

Evangelist /ライフマネートレーナー

石川 福美Ishikawa Fukumi

どんな仕事でも、
責任をもってやりぬく

自分自身が「源」というのは、端的に言うと当事者意識を持つこと。つまり、自分だったらどうするのか、何ができるのかを常に考えていく姿勢であり、自分の責任で選択していくことだと思います。仕事の大小に関わらず、与えられた仕事に対して、タスクとしてただこなすのではなく、自分の仕事に責任とプライドを持って、その業務の目的や本質の理解に努め、どうしたら?を考え、付加価値をつけて、実行する。そして、その結果が悪かった場合でも、しっかりと原因を考えて次に活かしていくということを、日々の業務で意識しています。
こういった当事者意識は、普段からの思考の癖付けが大切だと思うので、何か特別なことがなくても日常業務の中で日々考えるように心がけています。例えば、ミーティングの参加姿勢においても、参加者が大人数の場合でもすべて自分に一対一で言われているというような意識を持ち、具体的に自分の業務にどのように落とし込めるのかを考えたり、もし自分がファシリティテーターだったらどんな参加姿勢でいると進めやすいかなどを意識しながら参加するようにしています。
また、コンサルティングの場面においても、もちろん当事者意識を持ち、お客様の立場だったらどんな対応を求めるのか、どこに不安を感じるのかをいつも想像しながら接しています。その中で、自分の主観はあくまで参考情報とし、他のお客様の事例や経験を引っ張り出して、そのうえで目の前のお客様には何が最適であるかという、主観と俯瞰の目のバランスを常に意識しながら、お客様が選択・決断をするためのお手伝いとなるプランニングを心がけています。

やりたいことよりも、
やるべきことを考える

CLPでは、「誰かがやってくれる」ではなくて、自分がその仕事の責任者だったらどうするか?という姿勢で臨むことが必要です。その中ですべてを1 人で完結させることは現実的に難しい為、そのために仲間がいて、仕組みがあります。その時に自分がやりたいことではなく、いま自分はこのチームの中でどんな役割を担うべきなのかという、やるべきことを考えていくことが大切だと思います。それがたとえ表舞台に立たない泥臭いことであったとしても、最後まで与えられた仕事を真摯にやり抜ける人が、CLPで成⾧し、成果を残すことができる人だと思います。私自身、今ではセミナーで講師をしたりメディアに出たりしていますが、初めは庶務・雑務としてアルバイトで入社しました。もちろん右も左もわからない中で失敗の連続でしたが、CLPでは前向きなチャレンジの結果の失敗については、全力でフォローし支えてくれる文化があります。だからこそ、失敗を恐れずチャレンジを続けてこれたんだと思います。そんな環境の中で、苦手なこともわからないことも全力で丁寧に取り組んできた結果、それまでは気づかなかった自身の得意領域の発見や、自分ではわからなかった自分の能力や魅力が生きる場を担当させてもらえたりと、どんどん仕事の幅が広がり、できることが増え、自信につながり、毎日やりがいを持って働くことができています。
何よりも、仕事に真剣に取り組むことで、自分の成⾧を自分で感じることができるのが嬉しくて、より仕事に意気込みを感じます。

Our service

Interview

ページトップへ

ページの先頭へ戻る